« ヘルペス菌***** | トップページ | 彌生の空***** »

2016年4月 9日 (土)

血の涙が*****

20160209185102
★ ヘルペス菌に冒されるとつぶらな瞳とは無縁になり
   絶えず血の涙が出る。
   スダレの間から見るような感じでものを見る目になっているようだと
   doctorは言うけれど、ガラス窓にコッツンこと頭をぶつけるわ
   階段を踏み外すは見ている方がハラハラする。
★ 目薬が終わる前にもう1度来院する予定の他の動物病院眼科専門。
   ところがお昼ごろ、何気なく動きを見ていたら、しきりにシッポを舐めている。
   おやッ???
   もしかして怪我して膿でも溜まったのか?
   チョチョイと触る。 ギャオー・・・悲鳴を上げて噛みつかれた。
★ ははーん、原因はこれやな! 目に白い膜が覆ったのは身体に異変が起きると
   普段はひっそりと体内に潜んでいるヘルペス菌が、
   其れ出番が来たとばかりに活動を開始する。
★ タマニャンが入院して8日経つ近所の斎藤動物病院へ駆けつけて
   診てもらう。
   普段は知らない人にもスリスリする人好きの猫なのだが
   病院の診察台に上がると性格は一変して虎とライオンと狼を
   掛け合わせたような猛獣に豹変する!
★ 慣れたdoctorでさえ、眠ってもらわねば診察できないなあ~~
   とおっしゃるではないか!
   病室にはタマニャンが居る。
   キンタローはひと晩じゅうギャーギャー喚きたて他の仔たちが
   余計具合が悪くなるわ!
★ 家でおとなしくしてもらわねば。
   で・・・ちょっと高価な注射を2本プチッ!
  これがまた大変で3度4度ササッと打たねばガブされる。
  2本の注射針は見事に折れ曲がってしまった。
  当分の間、痛みはないだろう。膿が出るとき小さい穴ならそのままで
  傷口が大きかったら縫いましょうと言われて帰ってまいりました。
  あああ、人騒がせなニャンコ。*****
                         再見
 

|

« ヘルペス菌***** | トップページ | 彌生の空***** »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヘルペス菌***** | トップページ | 彌生の空***** »