« 2015年12月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年4月11日 (月)

名刺入れ*****

Ecarryall_74027
★  長久手医科大病院の帰り
    高島屋7階で名刺入れを買う。
★  いくらお気に入りとは言え、隅っこが破れてボロボロの
    名刺入れから名刺を出すのはねぇ。。。
   男のお洒落は小物からと言いますでしょう。
   ポケットから出す、相手の方が1番見るところじゃない?
★  どれにしようか眺めて回る、COACHの名刺入れ良いわ!
   一発で決めて購入、¥20000-
   連れ合いにプレゼント。
   大事に使ってくださいネ。*****
                                再見

| | コメント (0)

びちびちさん治った*****

20101121123333
☀ 酷い下痢で入院していた玉三郎が11日めに
   帰ってきた。
   もう死ぬかと覚悟していたが斎藤先生の治療の
   おかげで無事復活!
☀ レントゲン、血液検査、蚤の薬、ついでに猫エイズ予防注射
   諸々で5万円。
   他の病院に比べれば随分安い金額、患猫、患ワンで
   いつも満員なのが判る。
   先生は優しい。 タマにゃんは病院にいる間落ち着いていた。
☀ 天敵のキンタローが居る家よりゆったりした11日を過ごせたようだ。
   家に入るなり鉢合わせして外に出たがる。
   今夜は絶対外出禁止よ。  タマにゃん マタタビ上げるから
   舐めて舐めて寝んねして。*****
                            再見

| | コメント (0)

2016年4月10日 (日)

彌生の空*****

006
🌸  ソメイヨシノが散り始めると八重桜が華やかに咲き誇る。
   庭の東南に植えると良縁に恵まれるとか何とか言っちゃって
   その気になった連れ合いが植えて半世紀過ぎた。
🌸  何をさして良縁と言うのか不明だが
   娘たちは其々自分の選んだ道を歩いている。
   花より葉っぱが先に芽吹くので、出っ歯の人を八重桜と揶揄する。
   鮮やかな桃色に花弁が幾重にも重なり、見るものを飽きさせない。
🌸 清楚な吉野桜、豪華な八重桜、甲乙つけがたし*****
                   再見

| | コメント (0)

2016年4月 9日 (土)

血の涙が*****

20160209185102
★ ヘルペス菌に冒されるとつぶらな瞳とは無縁になり
   絶えず血の涙が出る。
   スダレの間から見るような感じでものを見る目になっているようだと
   doctorは言うけれど、ガラス窓にコッツンこと頭をぶつけるわ
   階段を踏み外すは見ている方がハラハラする。
★ 目薬が終わる前にもう1度来院する予定の他の動物病院眼科専門。
   ところがお昼ごろ、何気なく動きを見ていたら、しきりにシッポを舐めている。
   おやッ???
   もしかして怪我して膿でも溜まったのか?
   チョチョイと触る。 ギャオー・・・悲鳴を上げて噛みつかれた。
★ ははーん、原因はこれやな! 目に白い膜が覆ったのは身体に異変が起きると
   普段はひっそりと体内に潜んでいるヘルペス菌が、
   其れ出番が来たとばかりに活動を開始する。
★ タマニャンが入院して8日経つ近所の斎藤動物病院へ駆けつけて
   診てもらう。
   普段は知らない人にもスリスリする人好きの猫なのだが
   病院の診察台に上がると性格は一変して虎とライオンと狼を
   掛け合わせたような猛獣に豹変する!
★ 慣れたdoctorでさえ、眠ってもらわねば診察できないなあ~~
   とおっしゃるではないか!
   病室にはタマニャンが居る。
   キンタローはひと晩じゅうギャーギャー喚きたて他の仔たちが
   余計具合が悪くなるわ!
★ 家でおとなしくしてもらわねば。
   で・・・ちょっと高価な注射を2本プチッ!
  これがまた大変で3度4度ササッと打たねばガブされる。
  2本の注射針は見事に折れ曲がってしまった。
  当分の間、痛みはないだろう。膿が出るとき小さい穴ならそのままで
  傷口が大きかったら縫いましょうと言われて帰ってまいりました。
  あああ、人騒がせなニャンコ。*****
                         再見
 

| | コメント (0)

ヘルペス菌*****

20151212192938
   3日ほどの間に白い膜で瞳が覆われてしまった。
   ネット検索で動物眼科を見つけて早々に受診する。
   日本で最高の東京農工大獣医学部出身のドクターである。
 
   待つこと1時間、診察台に上がるなり
   「これはヘルペス、菌が目に入っているので施術しても
   また、このような状態になります。
   次回は洗濯ネットに入れて夜の食事を抜いてきてください。
   キンタローは人懐っこく、知らない人にもスリスリするネコ。
   タオルで包んで全身を押さえつけられる診察台では
   猛獣に激変する!
   麻酔で寝かせて診るより手法無し。
   第1回目、帰って暫くは足腰がふらふらで上手く歩けず
   ぷんぷくに怒っている。
   お腹が空いて堪らないらしく何時もなら見向きもしないこぼれた粒を拾って
   がっつく。
   目薬が終わるころ来てくださいネと言われたが、益々ふさがる目は
   何も見えないのか家から出ようとしない。
   いよいよ真っ白く座頭市のようなのでまた連れて行くと
   虎と狼とライオンを重ねたように怒り狂った声を出す。
   診るに診れないdoctorは
   「少し様子を見て次回は夕食を抜いてきてね。」
   また、麻酔やな?
   ヘルペス菌は一生身体に住み着いて出て行かないそうだ。
   ところが、昼の食事時、異様に尻尾の付け根辺りを舐める仕草発見!
   触った途端、ギャオーオオーと奇声を発するではないか!
   傷あるんや!身体に膿がたまっているかも? ドクダミ塗らなくては。。。
   春のドクダミは葉っぱもやわらかく直ぐトロトロに出来上がり
   さて,如何にして塗ろうか作戦開始。
   先ず、厚めのゴム手袋を両手に、ドクダミの器を持ち
   キンちゃん~~猫なで声で呼ぶ。 
   奴は感が良い! 手の届かない範囲でくるくる逃げる。
   そうはさせじと構える私とにらみ合い。
   強引にどろどろのミドリイロを塗りたくる噛みつく塗る
   ああしんどいニャー(=・ω・=)
   そうだ、斎藤先生の病院なら土曜の午後も診察してるにゃ!
   やれやれひと安心、4時まで待ってね。*****
                    再見
 

| | コメント (0)

おむすびころりん*****

46657660
 
   地方紙、東愛知新聞の1ページめ下段のコラム、古今東西に
   鞍馬にぎりの話題が掲載されていた。 以下
   向山アピタのおにぎり専門店540円。                 
   毎月4回感謝デーに.
   配られる”ちゃっかりクーポン券”を使えば100円引きとなるので
   懐にも優しい。
    弁当の内訳は、自由に選べるおにぎり2ヶに鶏もも肉空揚げ4ヶと枝豆・・・
   さらに牛蒡のキンピラと漬け物が少量つく・・・
   若干の野菜不足は我慢することにしている。
    おにぎりは、いつもエビの天ぷらに特製のタレをかけて巻いた
   ”大ぶりの天むす”といった風情の{海老天巻き}と昆布・鮭・焼きたらこの3種
    の具材が詰まった三昧に決めている。
    厚みが通常の2倍近い手作り感満載のおにぎりは、ボリュームも
    さることながら、味の方もなかなかイケる。
  普段はあまり食べることのない空揚げもここのだけは、衣が香ばしく
    中身はジューシーで気に入っている・・・
    次回はハンバーグ弁当にトライしてみようか。 (以上東愛知新聞記者文章)
で、野次馬なワタクシは次の日アピタのおにぎりやに行ってみたところ
なが~い行列にビックリ!
何でやの? 新聞の効果? 最後列の人に訊いたところ、多分お花見弁当を買っているのでは、私も久しぶりに来て並んでるけれど時間かかりそうだわ!
どうやら新聞を読んできた様子ではなかった。
ワタクシ、凝りもせず翌日店に行ったところお客さまは居なかった。
矢張り、花見弁当か、それとも100円のクーポン券が使える日だったのかしら。
味ですか? 塩が効きすぎていつもの倍お茶飲みました。 
可もなく不可もない普通のおむすびころりん。******
                            再見

| | コメント (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年6月 »