« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月29日 (土)

クリクリ坊主*****

F1e051d8_2
  いたたたた・・・・・(。>0<。)
    栗のイガイガに刺されましてん。
    猫の額ほどの畑の真ん中に
    2本植えて3年め (゚▽゚*)
  大量に実りの秋を迎えた。
   だが、しかし、家族の誰が採るのか?
   栗ご飯、栗きんとん、栗羊羹、栗菓子、
   いろいろと美味いものが出来るやん!
  夕暮れは蚊に刺されるし、日中は日差しが強い
  いつ採ろうか?  結局は
  怠け者の私が腰を上げねばなるまい。*****
               再見
 

| | コメント (0)

中国新幹線と危険なエスカレーター*****

Dscn0119_12
    キャーー、来ないでこないで!
    危ないから下りてえ~~\(*`∧´)/
    新幹線ホームの下りエスカレーターを駆け上って来る
    若い女性に思わず罵声を飛ばす。
  エスカレーターの最下部に老婆が2人転がっていて
 
    上から降りる人の妨げになっている。
    其処へ件の若い女性が折り重なるように倒れる。
    上にも下にも行けないけれど、エスカレーターは
    カタカタと動き続ける。
  致し方ない、こうなったら自分の身は自分で
    守らなくては・・・・・
    無情にも倒れている老婆と大量の荷物を飛び越えて
    下りた。
    ぷよぷよしたおばあちゃんを踏んづけたかも。
  転がっている3人を無事に下りた他の4人が引っ張るが
   動かない! (重たすぎる)
   ホームに駅職員が1人も居ないのはどういう事か。?
 駅舎ばかり異様に大きく、無人とはこれ如何に。
 怪我をしているのかいないのか判らない。
   連れの上海人の一言。「没問題(メイウエンティ」
   中国とはこういうところです。
   時速300㌔を飛ばしても広大な駅には危険が
   山ほどある。
  乗車するまでの面倒な手続きの第1番はチケット購入
   身分証明証がないと買えないこと。
   外国人はパスポートを見せないとチケットは手に入らない。
   ようやく手にしたチケットを持ち、長い長ーい行列に
   並び、荷物検査。
 
  待合室に入ると其処は人・人・人・il||li  il||li
    発車5分前に鉄の扉がガシャンと開き、長いホームを
    ひたすら走るように歩く。
    足腰の悪い連れ合いは杖を片手に最後尾。
    指定の1号車まで歩いていては間に合わぬので
    5号車あたりで乗り込み、動き出している車内を
    ゆっくり歩いて1号車まで。。。
   中国を旅するときは体力強化しておかねば
    命の保証はない。
    どうやら、中国国内で起きるエスカレーターの
    不備は数え切れないほどあるようだ。
    高層ビルを見上げてボンヤリ歩いていてはいけない!
    何時、道路が陥没するか?
    マンホールの上を歩くなど自殺行為と同じである。*****
            再見
 

| | コメント (1)

2015年8月26日 (水)

男子厨房に入る*****

20150803121746
  気温43.7℃
   安徽省の夏は最高に暑かった!
  工場の主、お手製の昼ご飯は最高に美味い
   食材の全ては5階の屋上にある。
  トントントンと階段を駆け上がると
   きれいに植えられた菜園があり、
   鶏、アヒル、伝書鳩150羽、亀など、元気に遊んでいて、
   人に懐いて近寄って来る。
  「鳩料理食べますか?」
    「ええ~、束の間とは言え、仲良く遊んだばかりの
    鳩を食べるのはチョッとねぇ。。。やめました。(*^-^*)
  自分でつくる野菜や肉は無添加で安全安心。
    中国を旅するときは3度の食事に気を遣うが
   心のこもった食卓でお喋りし乍ら頂いた
    昼ご飯は最高だった。
028_2
 非常に真面目で研究熱心、3人の子どもを
   熱愛するご夫婦は揃って働き者。
 チャーミングな奥さまとハンサムなご主人。
   来年また再見*****

| | コメント (0)

2015年8月25日 (火)

あわや乗り越し*****

  朝、9時21分のJRに乗って名古屋行き
   岡崎辺りからウトウト居眠り
 ふと目覚めたらホームに名古屋の文字
  ドッヒャー・・・えらいこっちゃ!
    運転席のドアーをどんどん
   「 すみません、開けてください、降ります。」
   「えッ、もう発車しますけど!」
   「降ります、降ります、降ろしてください」
  こんなドジな人間が居るから定刻通りに走れなくなるんだ。」
   運転手さん、ごめんなさい。m(__)m
  ああ~お騒がせしてしまったわ。
    地下鉄乗る前に薬局へ飛び込み
    「。メガシャキ下さい。」 「ここで飲んで行かれますか?」
    あら、私のような人が他にもたくさん居るようね!
  帰りは居眠りしないよう窓から風景を眺めること1時間。
    最終駅を降りる際、爆睡している男子の肩をポイッと
    叩いて起こす。
    ドジな癖にお節介なおばさんであります。*****
           再見

| | コメント (0)

2015年8月22日 (土)

三輪そうめん*****

20150822111832
  せみしぐれ
   ゆうだちしぐれ
   こんちきちん
   ひやしそうめん
  せせらぎのおと゜。°。°。°
 三輪そうめんの箱にこんな歌が書いてあり
   文字を眺める目を手に置き換えて
   そうめんの結び目を5束ほどく。
 こんちきちん・・・鰹と昆布と味醂と醤油
   うん、いい感じに出来たわ!
 余分なものは入れず
   そうめんの味覚をサラッといただく。
  残暑の厳しさをホンのいっとき忘れる。*****
               再見

| | コメント (0)

2015年8月19日 (水)

お金持ちの人居ますか?*****

Kinaisyoku_2
中国東方航空で行く上海経由香港、乗る、降りる、乗る降りるの
繰り返しで中部空港に到着したら、
あらまぁ、荷物がないわ!
どうやら香港から上海乗り継ぎの際、積み忘れたようだ!
無いものは仕方がない、空港の職員に「明日中に届けて!」
半ば強引に文句を言う連れ合い。
翌日、中国東方航空の職員が豊橋駅から徒歩で荷物を届けてくれた。
訊けば、バスの乗り方が判らないので愛知大学を目標に途中2,3人に
道を尋ねながら1時間30分かかってようやくたどり着いたというではないか!
彼はチンタオ出身の中国東方航空の社員だと言う。
公共の乗り物は使っても良いがタクシーはダメとのこと!
途中、近くのコンビニで道を訊いたところ拒否されたそうだ。
情けないが、これが国際交流都市豊橋市民なのだ!
日本人は親切で優しいと言われているが、必ずしもそうではない。
言葉の壁があるとは言え、パフォーマンスでも意味は通じる。
まったく不親切な日本人だ!
帰りは豊橋駅まで送って行く。
途中で待ちの風景を見た彼が「この町にもお金持ちは居ますか?」
ハッ・・・はい,居ますよ。車も一家に1台あるしね~」
彼が納得したかどうか???である。街は軒並みシャッターが下りて
人も歩いていない。
後、半年でチンタオへ帰ります、両親も年老いてきたので傍にいて
面倒みます。と言う。
1f179405167938ddc2b847aa8aa961e4f_2
チンタオ(青島)は風光明媚な観光地、
港も発展している。
 
赤い屋根の家が並ぶ風景は絵画のように美しく
(ドイツの街のようである)
ヨーロッパの人々が好んで訪れる。
さびれた豊橋の街をみた彼はさぞかし驚いたであろう。
重たい荷物を担いで長時間歩いたことも想い出の1つにしてくださいネ。
チンタオに帰ったら地元の航空会社(中国東方航空)で働きます。
彼は深々と頭を下げて帰って行った。
豊橋のみなさま、外国人に道を訊かれたら判らないながらも
懸命に教えてあげてくださいね。
自分の身に置き換えたら判る小さな親切ごころ。*****
             再見
 

| | コメント (3)

茄子・茄子・お茄子*****

20140813182659_2
 サイズを揃えた茄子に
   筋目を入れて、オリーブオイルで軽く炒める。
  朝に炊いて、冷蔵庫で冷やし
   冷たい感触を楽しみながら食す。
  もうすぐ、お昼やで
    冷たい茄子をいただきまーす。(*^-^*) *****
              再見
 

| | コメント (0)

2015年8月17日 (月)

和尚さんになった*****

013

  こうして観るとシロクロ写真も中々味わい深いね

 名前を公表しても誰も文句を言わない懐かしい1枚。

 眼鏡美人は森下さん、いつも笑顔の人だった。

 慎太郎カットは私の夫。

   (性格は昔も今も変わらぬが姿かたちは比べてみればである。

 菊ちゃんは小柄な人、フィリピン美人のようだが

   生粋の豊橋っこ、今は何処に暮らしているのかなぁ?

   多分、市内の何処か、すれ違っても判らないだろう。

 格子柄のシャツにピーチサンダルのあんちゃんが今井君。

   彼は現在、湖西市岡崎の長光寺の住職さん。

   甘いものとボクシングが大好きで

   広小路通りのフルーツパーラーでぜんざいを食べながら

   コップの水にも砂糖をドバーっと入れて飲む。

Dsc01863


 和尚さんになった弘ちゃんの現在はとても忙しそう。

   修行の賜物は素晴らしく人を変貌させる。

   素敵な和尚さんは、今も甘いもの大好き

 53年ぶりに再会したにも拘らず、昨日も今日も一緒にいる

   ような雰囲気は友だちなればこそ。(*^-^*)*****

              再見

 

 

| | コメント (0)

2015年8月16日 (日)

祖母のおにぎり*****

20150815091531


 戦争が終わった。

   その後に訪れたのは悲惨な食糧難である。

   都会から田舎へ食べものを求めて人々がどーっと

   押し寄せてきた。

   一所懸命作った作物を国に供出するため、つくれば作るほど

   自分の食べるものが無い正直な農家の衆が

   栄養失調になってしまった。

  祖母を頼りに日参する女乞食が

    (子供の私には年寄りに見えたが40代?)

    ある日、「姉さん芋はいいで握り飯をおくれんかのん」・・・・・

  1枚の海苔を手に麦5米5で炊いたパラパラの飯をしゃもじに乗せ

    梅干しを2つ、くるっと丸めて渡していた。

    麦飯は力強く握らないと丸くならない!

    ぎゅっぎゅっぎゅっと固く結んだ握り飯を大事そうに懐に

    入れたのは多分家で待つ子供の為かも知れない。?

  昨日,叔父に貰った100枚の海苔の1枚を出し握ってみた。

    ぎゅっぎゅっぎゅっと、コンビニおにぎりの4ヶ分はあるなあ~

    祖母の握り飯を標準にして育った私のおにぎりは

    今も異様にデカい!******

                               再見

 

| | コメント (0)

2015年8月14日 (金)

上海の隠れ家*****

056


 涼しそうでしょッ。

  此処は上海人民公園の横にあるカフェ

    燦々と照る太陽に気温は43.7℃

    朝から人ひと人の波

  店は通りから3mほど引っ込んだ場所にあり

   とても静かである。

   先客が1人、ゆったりと読書中。

   多分に欧米のお客さんしか入らないのだろう。

   ゆったりとお茶を飲み、音楽を聴く。

   喧騒な上海とは思えない。

 1時間ほど休憩して、目の前にある國際飯店に戻る。

   少し昼寝してから街を歩こうか!

 しかし、43・7℃は暑すぎるわ。******

                  再見

| | コメント (0)

8月が来るたびに*****

010

  たった1枚の画像

   6才の私。

  母の作る 洋服はどれも可愛くて大好きだった。

  黄色いジョーゼットにふわふわのパフスリーブ、何色だったのか

  今は思い出せない。

  ギャザーのたっぷり入ったスカートの色も忘れてしまった。

  70年前のオシャレなファッション。

 終戦後、母に連れられて父の実家に行き、

  祖父母と叔父の家族とともに暮らし始めた。

 母は再婚したけれど、優男 金と力は無かりけりの人で

   ならばと自ら職業婦人となり一家を支えたようだ。

 大正生まれの女性は強い!

  男など当てにせず働いて働いて一家を支えた人が多い。

 祖母は陽気な働き者で東に困った人居れば、そこへ行き手伝い、

   西に不幸な人居れば、出向いて助ける。

   お金はなかったが、心意気だけは充分持ち合わせていた。

 現在、私には最高の相棒が居て、強がりの私は彼に甘えている寄生虫。

   阿部政権の行く末がどう動こうと私は私で生きていく。*****

                     再見

| | コメント (0)

2015年8月11日 (火)

こんにちは!赤ちゃん*****

11707572_842563142492448_5568542264

生まれて1ヶ月の赤ちゃんにそっと寄り添う

  黒猫レオくん。

 お兄ちゃん、お姉ちゃん、小さいお姉ちゃん、

   そして赤ちゃん。

 レオくんは4人めの子どもを優しく見守る。

  実の母より深い愛情で見守っているようで微笑ましい。

11880626_859313227484106_8026899558

 ほんとのママが子どもたちの為に書いているブログは実に素晴らしい

   宝物である。

 見てみて、このスタイル。

   毎日更新しているママの許可を頂いて

   私、この幸せいっぱいの画像を楽しんでいます。

   この家族には素敵な未来があります。

   私、見守る人。*****

                 再見

| | コメント (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »