« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月19日 (土)

兵東先生の教えたかったこと***

 Dsc08460

昭和20年代の中学校教師記念写真、教えていただいた時期には年より老けて見えたが改めて見直せば先生方は若かったんだ!

今の同年齢の教師より落ち着いた雰囲気は戦争が終わってこれから何をどのように生徒指導をしたらいいのか模索の時代だったのでは?

後列ひょろっと背の高い八田先生は東田から牟呂中まで自転車を蹴飛ばして通った教師一年生、あまりに早いのであだ名が消防自動車、完璧を目指す国語教師、テストで89点だった私、出来の悪い生徒を教壇の前に並べ、往復ビンタをパチパチパッチン!\(*`∧´)/ 今なら教育委員会に文句言われるかも!

前列向かって左から3人め恰幅のいいWスーツが兵東先生。。。

生徒を指導するには先ずは身形をきちんとする。自然と教師の威厳が出る。

生徒たちも質素ながら制服に身を包み、先生の教えを真摯に受けた。

時々授業が、田んぼのいなご捕りや海苔の柴むしりに変わったことも懐かしい思い出だ。(いなごは佃煮、柴むしりは農家から1本5円?の収入になり学校の備品購入になったと思われる。

この時代は未だ物資が乏しく、弁当を持ってこない生徒も居て、昼食の時間になると教室を出て運動場で時間を過ごして居たように記憶している。

半農半漁の人が多く暮らす牟呂地域で食べ物に不自由は無い所なのに弁当持参が出来ない生徒が居たとは・・・満州からの引揚者か???天白開拓者の子弟か?

そう云えば私の家にも毎日のように物乞いが来ていたのを覚えている。 大体は蒸したサツマイモが多かったが、段々図々しくなり、( ´_ゝ`)フーン・・・

「姉さん、藷(サツマイモ)はいいで握り飯をおくれんかのん。」 気の良い祖母は1枚の海苔に麦飯をどっさり、大きな梅干をポイっと真ん中において大きな握り飯をめぐんでいた。 コンビニで売ってる おにぎり4ヶ分位の大きさ

祖母より随分若い乞食だったような。。。

さてさて、兵東先生が突然 「愛国心」 について作文を書くよう、薄茶いろのわら半紙を前から順番に一枚づつ配る。

クラスには戦争遺児が数人いる、 私も中の一人だ。

ゴシゴシ消しても消えない消しゴム、消すと破れるわら半紙を前に、一気に書き上げる。 其のときは何故かすらすら書けたのだ!

半世紀以上経った今でも文章の概略は覚えている。 と言うことは人生の道標がぶれていないことなのか、または進歩していないのか???

兵東先生はどのような考えで13才の生徒たちに愛国心を教えたかったのか???

        続く

| | コメント (1)

2011年2月17日 (木)

歩兵第十八連隊史と兵東先生***

20110213141352

  時代はさかのぼり(57年前)、牟呂中学1年生、社会科を教えていただいた兵東政夫先生が出版された 「歩兵第十八連隊史」を本棚の奥から10年ぶりに引っ張り出し、再度読み直す(拾い読みだが)。。。

  何を調べる積もりかと云えば、現在上映中の実録映画。

  「太平洋の奇跡」を連れ合いに誘われて昨日観に行った。

  出演者は お馴染みの俳優、暫く見ないうちに随分と芸達者に成ったものだ!

 竹野内豊・・・大場栄大尉  唐沢寿明・・・堀内今朝松一等兵他、俳優陣は日本にこんな壮絶戦争があったことなど露ほども知らなかったと述べている。

 日本の教育は現代史を詳しく教えないから最もな話だ!

 恐らく今の若い世代は日本よりも外の情報ばかりに気持ちが向いて自分の生まれた国や自身に誇りを持つ気持ちが少ないと思う。 若者ばかりではなく我々戦争被害を被った人間でさえ、この史実に基づいた映画の内容を知らない人は多いだろう。

 10代の頃、6年ほど住んでいた東田町に陸軍墓地があり、桜ヶ丘市民病院眼科に通院していた時 墓参したことがある。

 下級兵士の墓は家族もないらしく苦しげに傾いていたような。。。

 滅多に人が訪れる気配のない所で道幅も狭く、昼なお暗く戦死者の御霊はホントに眠っているのだろうか?

Toyohashi_rikugunbochi_haikei2  この場所だけ時が止まったように感じたものだ。久しく訪れていないので今の状況は判らない???

 兵東先生の著書、409ページある末尾に近いページを開くと・・・・・

 歩兵第十八連隊衛生隊長大場栄大尉と46名の兵士、軍刀をアメリカ軍に渡すシーンの写真などが載っているではないか!

 映画と同じだわ

 本の表紙は陸軍遺蹟、(豊橋公園内) 

 転戦を繰り返し復員後教師になられた兵東先生は教室で教科書を開いたことは滅多に無い!

 コツコツと廊下に響く足音、引き戸が開く。ダブルのスーツに身を包んだ姿が教壇に上がる。

 「礼!」 「着席!」 と同時に、「先生、いつもの話。。。」

 迫真の体験談、全員一言も発せず話に聞き入る。

 時間があっという間に過ぎ,終業のベルが鳴る。

 ある日の授業で「今日は愛国心について作文を書くこと。」

 え、えええ~~!!!!!

                      続く

 

| | コメント (0)

2011年2月 9日 (水)

もうすぐ大変身***

Photo

  春の気配を感じると、庭の隅々まで草取り、木の剪定、畑の畝つくりが始まる。

 今年は特に気合を入れて今日で6日目、毎日6時間セッセセッセと。。。

 こんなもの発見???ネコヤナギ?違う・・・

 刺されると脳天までビリビリ痺れちゃうオコゼ(イラガ)の卵、初めて見た!

 殻を破って出てくる姿はこれ

Okoze2 桜、紅葉、花梨、寒椿、金木犀、柿、スモークツリー、珊瑚樹、ボケの木など庭木の葉裏に棲み葉っぱをムシャムシャ食べ繁殖する。

 庭師の最も苦手な虫である。

 さまざまな生物が活動開始する啓蟄の季節は間近い*****

        再見

| | コメント (2)

2011年2月 6日 (日)

さよならポッチ*****

              Photo

★ おらは死んじまっただ  おらは死んじまっただ 

       天国へ逝っただ~

★ 「車に気をつけなさい! 右見て左見てびゅわ~んと飛び出したらあかんよ」

★ 毎日おかんに注意されとっただにゃん、元気溌剌のおいらはついつい注意を怠ってドッカ~ンと車にぶつかったらしい???

★ らしい・・・というのは腑に落ちん言葉やけども、あっという間に魂(たましい)が身体から抜けてしもて痛くも痒くも感じんうちに千の風ににゃっちゃったのよん。

★ そんな訳で、おいらの亡き骸は斎場に行き、荼毘に付されちゃった。

★ たまちゃん、君はおいらより体力が無いだでぇ道路を渡るときにゃあ充分気をつけにゃいとあかんよ!!!

★ まッ、おいらの姿はきえちゃったけど天国から毎日見守ってるから安心しんしゃい。 

★ こっちの世界で楽しくやってるからタマちゃん寂しがらないで

★ Photo_3

★ たった1年半の命だったけれど10年分生きてたような気分で毎日がとてちんにおもろかったでぇ。。。

★ もう春やで虫やら小鳥やらわいわいがやがや楽しいがな

★ タマちゃん、おいらの分まで長生きしろよニャン***

              再見

| | コメント (2)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »