« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月31日 (火)

元気でないと病気になれない2***

Dscn0232

   7月4日安徽省で撮った歯医者の写真。中国では牙科と云う。

 上海高級住宅に住む、Kimuさん曰く 「中国でこんなに貧しい地域があるなんて今まで知らなかった」。。。

 2000年頃の上海にもこんな看板の歯医者がいたる所にあったのよ!

 治療といえば恰好いいけれど多分抜歯専門だと思う。

 治療道具らしきものは見当たらなかった・・・ヾ(.;.;゚Д゚)ノ・・・

 田舎から都会の大病院目指して大勢の患者がやって来るので院内は凄い混雑、待ち時間は相当長く、例え重症患者といえども順番を待つ気力が必要である。

 日本のシステムと違う点は、やっと順番が来た! さて此処からがややこしいのだ。

  先ず受付で診察費払う=問診=支払い=検査=支払い=血圧測る=支払い=医師診察=支払い=薬。。。

 これらはそれぞれ違う場所にある為、付添いが居ないと病人はぶっ倒れてしまう。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

 Kimuさんが云うには「私は300元払ってインターネットで診察予約するのよ、直接病院に行けば5元で済むけど時間がもったいないし、待ってる間に病気になっちゃいそう。。。」 ううん?ようわからん?

 数十時間待って診察時間は18秒、費用は医師の胸三寸。ああ無情・・・

 薬&治療は予算に応じてかげんしてくれる。これがホントのさじ加減

 国営の大病院は実に待つ人が多い。 なんと新たな商売が出現!

 次々民間病院が開設する上海で、大病院でうんうん唸って長い順番待ちをしている病人を標的に。。。

 「うちの病院に来ませんか!優秀なドクターと丁寧な診察であなたの病気を治して見せます!」

 病院が病人をスカウトしている摩訶不思議な光景

 国営と民間の話題が入り混じってわかりにくいかと思いますが・・・

 民間医療が普及してきたのはつい最近のことで国立病院が主で値段も安い。見かけは大きく立派だが中に入ると乱雑で汚い。

 人口増加と経済の発展に伴い民間病院が増えた。優秀なドクターと立派な設備、医療費は国営病院の10倍だが富裕層や外国人が多く利用する。

 病院も薬も貧乏人と金持ちと、はっきり分かれていて、何処の国も同じ、地獄の沙汰も金次第である。

つづく***         再見

| | コメント (0)

2010年8月29日 (日)

元気でないと病気になれない***

 中国で病気になると大変です。

 ある日のことです。深圳のホテルに泊まった朝、連れ合いがトイレで失神状態になり、慌てた!

 直ぐ、ホテルの常駐医を呼び、血圧測定、ありゃ?低すぎる。。。

 「病院に行きますか?」 と言われたが、「知人を呼ぶからちょっと待って」

 暫らくしたら状態が良くなったので飛んできた知人と一緒に病院直行。

   うわ~~ん、ものすご賑やか!どないしょッ。。。

 「ケンチャナ、ケンチャナ、メンウエンティ、わたしドクターと友だちね!

 受付も通さず診察室へ直行。 へッいいんかいな???

 診察料も払った形跡が無い。 どないなっとるんやろか?

 「大丈夫よ、こんなときの為に袖の下払ってるから没問題」

 多くの大病院は国営である。いつも人がごちゃごちゃいて病人なのか付添いなのかよくわからない?

 夜汽車に乗り、バスに乗り、2~3日かけて病院に来る病人

 やっとこせ病院に辿り着いても直ぐ診て貰える訳にはいかない。

 運が良くても5時間待ち、長い場合は3日~4日ひたすら待つ。

深夜の待合室は人人人、しかも暗闇に近い暗さ(節電)当然だが夏は暑く、冬は寒い。この状況に耐える元気が無い病人は病院に来てはいけない!

 この話題はマダマダ先がありすぎるので続きをお楽しみに。

あッ 大阪狸がクラクラした原因は日本から持参した歯痛の薬「ロキソニン」が胃に傷を付けた所為で夕方にはピリピリ辛い韓国料理を貪り食った。まったく人騒がせなオタヌキだわさ***

                  つづく

| | コメント (2)

2010年8月28日 (土)

線香花火***

                 

  今日の暑さは格別です。(;;;´Д`)

 座っているだけで頭のてっぺんから滝のように(ちょい大袈裟かな(笑い)汗が流れる。まつ毛が短い私の目は汗でしょっぱいよ!

 額から流れる汗が鼻腔に入って来る。ああ塩辛あ~~ 

 窓全開、室内気温35℃・・・風が爽やかなのが救いです。

 セミが命の終わりを告げるかのように声を振り絞って鳴いてますッ。

  夜の公園で花火遊び、もう終りに近い。 

  幼い子連れの親子と恋人同士に似合うのは線香花火だ。

Senkouhanabi__2

  中国製の安い花火に負けて国産花火は殆ど消えてしまったが線香花火は繊細でロマンチックな光を放つ岡崎製品がNO1だったが今は夢まぼろしか!

 全国で数軒、がんばる線香花火屋さんが居られるが化粧箱入りのそれは相当高価で遊びには勿体ない。

 大雑把にパパパッと光ってポトンと落ちる中国花火は風情の欠片もないけれど。。。

 平成生まれの現代っ子は美しい光を放つ日本の線香花火を知らないで当然。 

 これが線香花火だ! と思えば其れなりに楽しめる。ない物ねだりは未練がましいだけかも***

                            再見

| | コメント (2)

2010年8月26日 (木)

マザーリーフ***

1dsc

  母の日プレゼントの中に一枚の葉っぱが入っていた。

 マザーリーフ(沢山の芽を出す母なる葉、強くて逞しい!)

 3年めに突入してこの大きさはチョット問題あり。。。

 本来なら成長した芽の部分を鉢植えにすれば今頃2mの高さになっているはず。

 貰ったその日から、ずう~っと同じガラス皿に入ったまんま。

 よっしゃ~!!!この葉っぱを1枚ずつ切って別の器に入れて増やす心算

Dsc07397

 窓際に数個の鉢、お金持ちになるとか、幸運を招くとかなんとか言っちゃって、たった1本の竹を増やした。。。

 お金持ちにはなれないけれど、元気をたくさん貰えたから、やっぱり幸運の竹ですよね、見ているだけで涼しげです***

        再見

| | コメント (2)

2010年8月24日 (火)

良薬は口に苦し***

Item07  つつじヶ丘佐藤薬局で懐かしい薬発見!!!

 むかしむかし、子どもの頃お腹の具合が悪いと竹の皮に包んだ黒くてペタンコ板状のだらすけを大雑把にパキンと割って飲まされた。

 陀羅尼助丸がほんとの名前なんだ

 回虫をお腹に飼っていた私は此の薬を祖母に度々飲まされたが「良薬は苦いもんだ、 グッと飲みなさい!」。。。(。>0<。)。。。

 いま思えば、回虫もお腹の調子がよくなって、私の体内で元気に育っていたような気がするなあ~???

 お陰で今も苦いお茶(苦丁茶)酸っぱいもの(黒酢)は好みの味で毎日飲んでいる。

 今晩から古くて新しい陀羅尼助が私の胃袋に仲間入り、目的は腹筋の弱い私のお腹は腸の働きが鈍く便秘気味、大腸に活を入れるため***

        再見

| | コメント (3)

2010年8月23日 (月)

紅屋の看板娘***

Photo

 商売をするうえで特に厳しい閑散月が年に2度ある。2月と8月で「ニッパチ」と云う。 

 そんなの関係ない元気な商売をする店を見つけました

 豊橋丸栄7階、「呉服の紅屋」は酷暑の夏をものともせずひっきりなしの来店客で大層賑わっている。

                                                  Dsc07366_2

   Dsc07377 

 江戸の昔から飲食店をはじめ、凡その商店がニッパチ月は青息吐息なのが常套

 7階フロアーには、紅屋の他にも呉服店が2ヶ所と宝石・時計・メガネ売り場、画廊がある。

 しかし、紅屋の他は店員ばかりが手持ち無沙汰に何時訪れるか判らない客を待つばかり。。。

Dsc07370

 2~3年前まで陣頭指揮をとっていたのは96才の大ばあちゃん(老舗の奥さま。親しみをこめて「紅屋の大ばあちゃん」

 最近、お会いしてないな~と思ったら腰を痛めて店に出てくるのは無理とのこと。おうちで元気にお過ごしだそうでなによりです。

 しゃきしゃきしゃっきり、寸時に客の好みに合った商品をさがす。 着物・帯・小物・大ばあちゃんの頭はコンピューターより鋭い。 もう、お店に出てこないのかな???

 丸栄百貨店最高齢販売員、「紅屋の看板娘」の的確なアドバイスはお客さんに信頼されていたのに、寂しいなッ

 うちの娘は帰省のたびに(おおばあちゃん)の助言で帯を買い、着物を買い、小物選びを楽しんでいたが・・・

 もう店に出てこないと聞いてがっかりしている「残念だわ~」

 替わって店を切り盛りするのは孫娘。(*^-^)

 おおばあちゃんから商売のコツをみっちり教え込まれ、優秀なスタッフと共に丸栄百貨店随一の賑わいぶりだ。

 全国的に落ち目のデパートだが、繁盛する専門店もあるってことは、やはりプロの商売人は気合いが入っていることだわ

 7階の紅屋に行く際、幾つもの店を見ながら通過するが、「いらっしゃいませ」のひと言もない。売る気があるのか無いのか?

 つくづく 「紅屋の看板娘」 が懐かしい***

                              再見

| | コメント (2)

2010年8月21日 (土)

ドライブはLEXUSで***

Dsc06991

    略20年愛用していた「日産CIMA」 エンジン系統はまだまだ健康で何の問題も無かったが、シートが破れ、TVが壊れ、ナビゲーターもいかれてしまった。

 異常な夏の暑さに負けてエアコンまで壊れた(;´д`)トホホ…

 私ら夫婦も半分以上壊れかけた体を修理しながら暮らしている身の上。

 しゃ~ない・・・これが最後の車やなあ。。。

 買い換えたのがこれ! 夫が付けたナンバーは私の名前、な~んでかなッ?

 大阪タヌキの希望は真っ赤なポルシェに紅葉マークをぺたぺた貼って高速道路をぶっ飛ばしたかったのよん。。。アブネ━━Σ(゚д゚;)━━!!

 腰痛の夫は歩くのは遅いが、運転はスピード狂、口も達者、早口でぺらぺら中国人を煙に巻く・・・煙に巻くのは許してあげるから車は安全運転でね

 以前、真っ赤な 「ホンダシビック」 に乗っていた私、「息子さんの車?」とよく言われた。格好良かったが3年で手放したっけ。。。

 紅葉マークは未だ貼ってませ~ん*****

                         再見

| | コメント (0)

2010年8月19日 (木)

豊生病院の美容セミナー***

 携帯のベルがルルルルル

 「もしも~しIsekiさんですか」 「はい、わたくし Isekiでございます」

 「豊生病院です。いつもお世話になっております」

 Hideko事務長の爽やかな声で目が覚めた。(*゚ー゚*)。。。

  Housei_image

 「お世話になっているのはわたくしどもです。(恐縮) で、 何か???」

 「明日なんですが、お時間空いてますでしょうか?」

 「金曜日ですね、ハイッ時間はありますが。。。」

 「午後2時から五階の会議室で美容セミナーを開催しますので是非出席してください。お待ちしています」

 「美容ですか?判りました参加いたします。」うふふ、嬉しいObabaです。

 昭和の時代から豊生病院のドクター&看護師さんには、家族全員お世話になっている。

  外見は健康そうにみえても、中身はガタガタの私。テンション高く、血圧高く、毎日降圧剤のお世話になっている。。。m(_ _)m。。。

 何処の病院も同じ患者を長く置くと経営が成り立たないので非情にも3ヶ月で退院させられ、転院先を探すのに家族は大変苦労するが。。。

 豊生病院のドクターは、「僕は金儲けで医者をやってるんじゃない!」

 患者は安心して療養できる。 また、外国人患者も気軽に来院できる平成の赤ひげ先生だ

 時々待合室で数人の年配者が集まり、話し合う様を何気に眺めていると

「あれ、今日は○×◇さんが来てないじゃん、何処か悪いのかん?」

 びぇ~ん、ここって病気の人が来るところだよねぇ。。感が狂うわん

 世界で一番の長寿国、介護を受けている老人より、元気で若々しいシニアがたくさん居るってこと。新聞やTVの報道は暗い話題ばかり流すが、噂を信じちゃいけないよ ヘイ・・・・・

 男の60~70はハナタレ小僧だ! 先ず美容セミナーの会場に入って驚いた。 ふむふむ結構年配の方が多いんでないの?

 講師の先生は若くて美人、流暢な話しに参加者は思わず知らず身を乗り出して聴き入る。

 私は初めて出席したが、これは口コミでどんどん人気が増すでしょうね

    ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉー

 吃驚したのは看護師さんが全員超美人に変身してるじゃん

  ハート美人プラス容姿がきれいになるってことは、ステキなことね。

 私ときたら、ドクターの言いつけを守り、食事に気を付け。。。

 朝6時、目覚めと同時にシャワーで体をほぐす、セサミン3粒と梅干し一粒、鎮江の黒酢、はちみつ、適温の白湯を飲む。

 6時25分からTV体操10分、そのあと、曜日ごとに変わる世界の言語(英語・ドイツ語・フランス語・中国語・韓国語・ロシア語)を聴きながしつつ朝食の支度をする。 

 自家製ドリンク(野菜&フルーツ)とシリアルとヨーグルト、牛乳ちょっぴり。毎朝の食事メニューは大体こんな調子。

 美容は特に気を使ってる訳もなく、化粧水をパパパッ、日焼け止めはばっちり。 洗顔は丁寧に。 マッサージは面倒くさいからやらない。

 きょうは、美人講師のお話にとても興味を持ちました

 きれいになりたい方は是非豊生病院の美容科へ。。。o(*^▽^*)o

 自分の年令が幾つか考えたこともない私にお誘いの電話

  人生70年、初めての美容講座。 

♪ 誰でも一度は経験するのね ♪ ♪ 誘惑の紅い花~♪    

20090615_cauz1u1

                    再見

| | コメント (2)

熱中症にニャったニャンコロ***

  Ajiji_3

 にゃい~ん・・・わんこみたいにベロがでちゃったじゃにゃいか!

 こう暑くっちゃ、ハンサムニャンコのおいらも形無しだよにゃん。。。

 心臓はドキドキ早鐘を打ち、舌がべろん、目がでんぐりかえって白目むいちゃっただにゃッ

          モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!  死ぬかと思ったよ

 かあちゃんがマタタビ飲ませてくれたんでやれやれ生き返っただニャン。

 エアコンがにゃいんだよ。この家はさあ・・・室内気温37度、窓は全開なんで良い風が入って快適にゃんだけど。

 お日さまカンカンなのに外でセミ獲り、蜥蜴獲りに夢中になりすぎちゃっただにゃん。 はぁ~~えらいめに遭った!

おとなしく昼寝して体力養おっと!!!

Dsc_2

 ああ疲れたび~

      Dsc_3

 おらも休憩だあ~~(´△`)Zzzz・・・。o○

                              再見             

| | コメント (0)

2010年8月13日 (金)

家族の肖像***

Photo_2   昭和19年3月、最後の家族写真です。

 陸軍兵長、昭和20年4月9日爆撃死。

 靖国神社には絶対いません!!

 映画好きな父だったから世界中の映画館を行ったり来たりしているのかも。。。

Cag0jv_3  昔のひとは短命の所為か何故か年令より大人びて見えます。

 父・・・26才 母・・・19才

 私はまだ生まれていません。

 父は30才で戦死したから2人の時間は短かった!

 8月はこんな話題が多いですね!

 関東軍のえらいさんは部下を残して日本に逃げ帰って来た。

 軍人恩給でのうのうと暮らし、多くの市民は何で戦争が起こったのか知らずにあの世に行った。

 太陽がぎらぎら照りつけるほど敗戦日は恨めしいかぎりです。

 世界のどこかで今も戦いが続いています。

 戦争なんかしている場合じゃありません*****

       再見

| | コメント (3)

SEXについて***

 この話も昭和40年豊橋市発行文書の一部分です。他にもいろいろあっておもしろい。 お節介?親切?好きなように受け取ってくだされ。。。

       ・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━

    Aaoomomo004

 性欲の強弱ほど個人差があるものはありません。過度な性交渉は、もちろん体に悪影響がありますが、適度ならばかえって体の生理機能を快調にするといえます。

 世間では、孫でもできる年ごろになると、何かいやらしいという考えになって、みずから性欲を押さえる傾向があります。

 しかし、適度な夫婦のいとなみごとこそ体調をととのえ、長寿の道ともなると思います。

 女性の場合、月々の生理がなくなると、それが性欲の赤信号のように、自己暗示に落ちている人がいますが、生理と性欲は全く別なものです。

 性交渉の回数がよく問題にされますが、貝原益軒は養生訓に、次のように記しています。

「人生二十の者は四日に一たび排す。 三十の者は八日に一たび排す。 四十の者は十六日に一たび排す。 五十の者は二十日に一たび排す。 六十の男性はとじてもらさず。 もし体力さかんならば一月一たび排す。」

 これは現在では少しきびしすぎましょう。もっと性交渉に励んでもさしつかえないと思います。 もちろんその回数には個人差があっていいし、性交渉の翌朝、疲労を感じなければ、それは過度とはいえません。

 要は各人の能力に応じて行なうべきものです。

 ━━━・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━‥…━━━・‥…━━━

 さてさて、45年後のいま、この文書を見て現代人はどう思いますかねえ~~?

 ちなみに昭和40年(1965年)の平均寿命は、

     男=69才、女=74才*****

           再見

| | コメント (0)

2010年8月12日 (木)

トイレの話、よく手を洗おう***

   あらまッ・・・昭和40年に豊橋市が発行した

 文書の一部分です。汲み取り式 ポットン便所が多かった時代の

   20100813111208_tyoujyunokokoroe

 ペラペラ用紙に生活指導が親切(お節介)に掲載されたものです。

     以下、参考になりすかかな???  φ(・ω・ )メモメモ 

                       ・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━

 日本のトイレは風通しがよく、用便中は不安定な姿勢になります。

 そのため、血圧が上昇し、痔も悪くなります。

 血圧を高めないようにトイレの中に小型のヒーターでも入れるとか、楽な姿勢になる洋式トイレを使うようにしたいものです。

 排便は力まず、自然に出るようでなくてはいけません。

 排便後の手洗いは大切です。手洗いバチに入れた少量の水で、一日中何人もの人が手を洗い、その手を同じ手ぬぐいでふく。

 こんな不潔なことはありません。 手は必ず流水で、石鹸を使ってよく洗う必要があります。

 手ぬぐいも清潔なのを順にとりかえましょう。

 排便後のペーパーも十分使うことです。

 日本人は大便を食べていると悪口をいわれますが、細菌性赤痢など不名誉な病気が多いので、感染予防の上からペーパーは十分に使い、かつ手洗いをよくやって、口から病菌が入らないよう注意すべきです。

       ━━━━━・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━・

 だれですか! 中国はトイレが汚いからねえ・・・と、言った人は。

 東京オリンピックのあとも生活が苦しい家庭が多数の日本でしたが、

 (貧しければ貧しいほど高度成長の可能性がある)

 ピロリ菌も凹んじゃうほど、溢れかえる活気がありました。 

 うつむいてないで顔あげてヽ(´▽`)/ どうするどうする

    かんそうり*****   再見

    

| | コメント (0)

2010年8月 9日 (月)

老舗の気骨***

Dsc07333

 東京在住の娘から 「喜笑屋さんのメロン送って・・・」 リクエストのメールが来た。

 日本中の美味いものが集結する東京なのにわざわざ指定して来るのは、それなりの理由がある

 豊橋に新幹線の駅があるのが不思議な位、時代遅れの片田舎なのに人口数は愛知県第3位の中核都市。。。 (*゚▽゚)ノ

 デパートはたったひとつ、丸栄(五十貨店?)メインの広小路通りなど午後7時にはシャッターが下り街は閑散としている。

 しかし、周辺を見渡せば山在り、海あり、田畑あり、温暖な気候と新鮮な食材が豊富にあり、お金が無くても気楽に暮らせる環境に恵まれた地域である。

 Dsc07336

 個人商店が次々消えていく中で、気骨ある店主は頑張る!

    くだもの ・ 喜笑屋 

 忙しい現代人に合わせて遠方からでも美味しいフルーツが買えるよう、ホームページを作ると良いのにね~~。

  新鮮フルーツジュースを店で飲む、フルーツパーラ-があるといいなあ。。

 若い3代目が近々トライするでしょう、楽しみ*****

           再見

| | コメント (0)

2010年8月 6日 (金)

 懐かしの厠所***

  Dsc_2   

 碧い空、白い雲、緑の草木、川の土手には人と牛とアヒル。

 6月初めに訪れたときは、茶色の麦畑と黄砂と工事中の道路の土砂でまっ黄い黄色、私も全身まっきいきいだった。

Img_

 先月訪れた際、まったく気付かなかった面白い小屋発見ヽ(´▽`)/

 田舎のトイレで~す、何となくウキウキ気分♪♪♪

 作業場の横に戸の無いトイレ、私の身長と同じ高さ(160cm)。。。

   Img__2

 巨人妖怪ダイダラボッチみたいな藁の山積みは堆肥を作るためかな~???

 早速、中を覗く キョロ(・_・ )( ・_・)キョロ 野次馬Obaba。。。 

Dsc_10

 ポットン式だ! いっぱい溜まるとバケツ&柄杓が活躍するんだ

 枯れ草や藁と混ぜて、堆肥を作る。

1農薬、化学肥料を使わない、有機栽培の野菜や果実は味が濃くて美味しい。

 トイレが汚いから中国には絶対行かないって!・・・何を言うてはるんどす!

 先進国と言われてる日本にも未だポットン便所健在ですよッ!

 何処の国にも水洗式・汲み取り式有り、長所も短所も同じです。(災害時)

 世界一進化している水洗トイレは日本製であります。(別ログで記載予定)

Dsc_4

 見かけない顔だねぇ、那里人? えッ、リーベン?ジョンゴーと同じ顔してるじゃん! ガーガーガヤガヤ・・・

 自由で良いってかい、何をお云いやす、 ある日突然、羽むしられて焼き鳥にされちゃうかわからへんやん、 長閑に見えても結構サバイバルなのよガ-ガ-

    Img__3 

 カゴの鶏ではない。 高速道路をびゅ~んと横切ったり、思い切り羽根を広げて空中散歩も出来ちゃう、日が昇る前、近くの森に行き虫や草を啄ばみ、夕暮れ我が家に帰る。 小屋がある訳じゃないので、適当な場所でねんねする。

 朝昼晩、気が向いた時、美声を放つ。 コケコッコー***

                   再見

| | コメント (0)

2010年8月 5日 (木)

大変身*****

Dsc

  上海の夏はメチャメチャ暑いι(´Д`υ)::::気温39.4℃

 体温35℃の私、風邪で寝込んでも、こんな高い温度にゃ~ならん

 全くゲンナリしちゃうわ(@Д@;。。。こんなときにはスタミナ料理を食べようよ

 青梗菜の真ん中に鎮座しているのは海鼠(ナマコ)真黒クロに乾燥した海鼠を水で戻してじっくり煮込んだ美味な一品、これだけで100元。

 Img10081206309 幼少時、海辺で育った私だが、家族も周りの人たちもアサリや魚に混ざって網に入るグロテスクな形を見ただけで・・・

 「なんだ、海鼠か!」指でつまんでポポイのポイッと捨てられ、ムシロの上でだらしなく溶けて無くなった様を思い出す。

 口にしたのは連れ合いと一緒になってからだわ!薄く切って二杯酢で・・・今でも苦手・・・

 コラーゲンをたっぷり含み、美容に最適、血液循環・疲労回復・血圧降下・造血作用・などなど、ナマコちゃんって凄いのね

 立派な箱に並べられて、死んでも生き返る漢方薬に大変身してお金持ちに買われるんだ

  海鼠は日本読み、中国では海参(海の人参)と書いてあった。

 ああ~それなのにそれなのに、 家族にも周りの人にも見捨てられていたなんてゴメンネ海鼠ちゃんヾ(_ _*)ハンセイ・・・

Dsc_2

 ずら~っと並んでいるのは全部料理に使う出汁の素です。インスタントじゃありません。出汁の中には不気味な物もあります。全部カチカチ干物!

犬・猫・熊の手、サソリの赤ちゃん・鹿の腱、などなど。。。

   ヾ(.;.;゚Д゚)ノ 

  空飛ぶ飛行機と机の脚以外なんでも食べられますよ。

 驚くにはあたらない、ちょこっと前まで日本でも食べてました。地球は丸い!世界はひとつです Dsc

 かんかん日照り、体感温度40℃以上

 暑さの中、日傘も帽子もサングラスも身につけないで(飲料水は必ず持っている) 歩く、見る、歩く、人の数  毎日毎日、30万人以上。。。

 歩行者の遥か彼方に上海万博会場あり***

               再見

| | コメント (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »