« 人生の光と影*** | トップページ | あらら・・・ツヨシが卵を*** »

2009年4月10日 (金)

あかべべくん***

Dsc03359

 僕の名前はツヨシです。そろばん教室の別荘にあるちょっと豪華な池に彼女と二匹で暮らしてたんやけど、山の中なので秋が過ぎ冬になり、木の葉がパラパラ池に落ち、やがて腐敗してきた。

 みるみる池の水は濁り、酸素が全く無いドブ池の片隅で一寸たりとも身体を動かさずひたすら空を仰いで過ごした3ヶ月余。。。。。

 Ijiwaruばあさんが時々僕と彼女の様子を見に来てくれたんやけど、僕らの苦しさには気づいてくれへんかった!

 一昨日 「あれぇ・・・1匹居ないよ???」

 「長いこと そろばんやさん見いへんな~何処か悪いんやろか?」

 おばぢゃん、ぐるぴいよぅ・・・ダジゲテェ~~~゚゚(´O`)°゚

 異変に気づいたおばちゃんは、僕と死んでしまった彼女をバケツに入れて山から里へ連れ出してくれた。

 980円の柄杓と1780円の可愛い金魚鉢を買ってもらった僕は早々に新しい住処に移り命拾いした訳さ!

 凍てつく冬から桜咲く今日まで命永らえた逞しい僕におばちゃんは、”強”という名前を付けてくれた。

 日に何度も僕に話しかける。 「ツヨシ君、彼女の分まで長生きするんやで

 3ヶ月以上ジイ~っと同じ姿勢で暮らしてたのに今朝からきれいな水の中でス~イスイスイご機嫌です。

 ひとつ怖いのはニャンコちゃん。

  Ca774juy_2

 覗いてもいいけれど僕のこと食べたりしないでね 

 みなさん、よろぴく***

再見 

|

« 人生の光と影*** | トップページ | あらら・・・ツヨシが卵を*** »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人生の光と影*** | トップページ | あらら・・・ツヨシが卵を*** »