« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月20日 (日)

お隣さん***

ローマに住み、ジュネーブの国連本部から世界各国に出張する娘が北京に滞在(国際会議)した時の感想が届いた。 なかなか捨て難い感想である!

以下 

お隣さんなのに、これまで中国に行ったのは上海に一度きりだ。 返還された香港には何度か滞在したことがあるが、大陸とは一応別の所だと考えたほうがいい。それ程、生活レベルや人のマインドが違うようだ。

北京は高層ビルの建築ラッシュで、どんどん発展している。 私が泊ったKunlun Hotel の窓から見える向かいの建設現場では、昼夜休まず人が働き、日が経つ毎に、鉄筋の骨格がキラキラ光る硝子の窓で覆われて格好いいオフイスビルに変身した。。。

土地の価格は高騰し、アパートの坪単価はニューヨークと同じなのだそうだ。 こうして金持ちとそうでない人との格差は確実に広がっていく。

通りを走るのはベンツやアウディ、トヨタの高級車、そしてタクシーも列を成して走っている。 それと同時に、自転車や荷押し車が健在だ。

自転車専用レーンが車のそれと同じ幅で確保されていて、朝夕沢山の人たちが列を絶やさず移動していく。

さて、私は14日に中国に着き、今月1日まで滞在した。2週間以上も中国に居たのだから、いろいろ探索できただろうとお思いだろうが、実は10日以上ホテルに缶詰だった。 だから、昼夜の僅かの時間にレストランで食事をするのが楽しみだった。

私は中国語が話せない! 毎月中国に出張し、自分でも勉強している我が母Ikukoさんが傍に居ればなあ・・・といつも思った。

私は99パーセント中国人と思われたのか、必ず中国語で話しかけられた。 その度に一瞬無言になり、英語で言い訳をするのは何とも格好悪いものだ。

私に限らず多くの日本人が同じような経験をしているだろう。 日本人と中国人は本当によく似ている。 近くのお茶屋の親切な店員さんは、私が中国人と同じ顔をしているのに何故中国語を話さないのだろうと???不思議がっていた。

北京に着いて2~3日目に行ったベトナム料理の若い女性店員は未だ見習い期間だったが、覚えたての英語を使ってメニューを聞いてくれた。 とても可愛らしい女性だ。

北京オリンピック開催に向けて、人々は英語を勉強している。 田舎から出てきたタクシーの運転手も片言の英語くらいは判る。

中国の人はとても親切で人懐っこく明るい! 英語が全く話せなくても辞書を持参して、どうにか理解しようとしたりする。

アジア人の暖かい心が表に表れている。 私の国の人たちと同じマインドである。

二つの国にはまだまだ緊張があるし、心の中に壁がある。 それはあるプロパガンダが作用して後天的・人工的に作られたものかもしれないし、あるいは実際に彼らが日本人にあって嫌な思いをした結果生まれたものかもしれない。。。

私はこれまで仕事の上では何人かの中国の人と知り合いになったが、街中で暮らす一般の人たちと話をしたことが殆ど無かった。 今回話しをした人たちの口から、日本人は怖くて冷たくて嫌な人と思っていたと聞いた。

少し残念に思ったが、日本人に会ったことのない中国人の多くは同じような感情を持っているように思えた。

この壁を解消するには人同士が直接会って理解する以外にはなさそうである。

以上*****

| | コメント (1)

2008年4月11日 (金)

?????***

Dsc

「ニーハオ  ぼく、ドラえもんで~すッ。 ちょっとちょっとぉお・・・、其処の小姐(シャオジェ) 甘くて美味しい、ぼくを買ってちょうだいな

午後10時の上海繁華街は人でごった返している。 食品売り場のショーケースで客待ちの ドラえもん直径20cmのデコレーションケーキ

 ブルーの顔はクルクルと細かい細工、ひげと目だまはチョコレート仕上げ、閉店までに売れるかな???没問題。。。

Dsc1

エンゲル係数の高い上海人民は日本産の高額な食品をいとも容易く買いまくる。

青森リンゴ1ヶ1500円・・・高~ぁあいッ。

急激に発展した中国国民(一部地域) お金に糸目をつけず欲しいものを買いまくる人、人、人。。。その日の糧にも不自由を託つ人、混濁しているが、我が国とて同じである。

高齢者医療保険制度でおろおろする老人の姿を連日放映するTV報道、総理対小沢の論争も見逃せない。

人民元が突然切り上げになった! これらは決して他人事ではない

我々庶民生活にとって死活問題である。 冷凍食品だけ取り上げてワアワア騒いではあかんよ

赤ちゃんベッドから墓石(ゆりかごから墓場まで・・・)祭壇、記念碑、日本人形、何でも御座れ。。。

多品種小発注、あれやこれやとイチャモンを付ける日本バイヤーに些かうんざりの中国側が 「エイッ、、、めんどくさい買ってくれんでもええわ。」 そっぽを向いたらどうなるか?

先ず、スーパーの店頭から商品が殆ど消えてしまうね

ファッションもジュエリーも、憧れのブランド製品は殆ど中国で作ってるわね

甘いアンパンもファーストフードも流行のお洒落も忽ちバイバイだよ

政治屋さん・・・政治家に戻って外交問題に力を入れてちょうだいな! 国民からそっぽを向かれたまんまじゃ情けないやんか***

再見

| | コメント (1)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »