« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月29日 (日)

リッチな中国マダム***

20070304203018_2 「ちょっと香港まで行ってきたのよ、ショッピングね・・・」

彼女の住んでいる地域は江蘇省、日本から香港へ行くより時間が掛かる、上海人が田舎者の町と云う所。。。

何を聞いても応えてくれる中国人マダムに、質問開始・・・

茶系スタイルが良く似合うマダムのファッションについて。。。

イタリア製ブラウス・カシミアセーター・ジーンズ・高いヒールのサンダル・大きめグッチのカバン・腕にはさり気なくスイス製腕時計・世界の一流ブランドが彼女の普段着である。合計金額を聞いたら、さらっと 「900万円くらいね。」 JAPAN製品も、マダムにとって最大の憧れの品。。。

これを贅沢だと言ってはいけない! 何故なら彼女と夫は20年前、一文無しから出発して現在がある。しかも猛烈な働き者で、その苦労たるや計り知れない。

子どもの頃には、満足な食事も無く、靴など買えず裸足で過ごした時代があったそうな。。。やる気と根気と強運が付いていたのね!!!

彼女の一人娘は幼稚園時代から親元を離れて寄宿舎生活、今や中学生、上海大学で学び親の仕事を継ぐのが目的で勉学に励んでいる、確りした目的意識を持つ甘えのない育ち方をしている。

高額なファッションを身に着けて早朝から深夜までクルクル独楽鼠のように働く女性が大勢出現しているのも中国、一方で働けど働けど、年収1万円という地域が存在する中国。。。

布団の中から寝ぼけ眼で夫を送り出し、女房はモーニングでお喋りに華を咲かせ、ついでにランチして、夕方出気あいの惣菜を買い、パックのまま食卓に乗せる。教育と躾は学校任せ、権利だけは人一倍主張する。 こんな生活してる人、中国じゃ皆無である。

裕福な暮らしと無関係な一般庶民の主婦の楽しみは、夕食後の散歩を有効利用、 空調設備の無い 狭い家に居るくらいなら広々とした街中に、近所で借りた赤ちゃんを抱いてちょっと哀れっぽい芝居をするだけで大した実入りになる。 乞食商売は3日やったら辞められない。。。

多数の中国人は2~3っの仕事を掛け持ちして働くので統計上の収入より金銭は多く、暮らしに不自由は感じないのが現状である。

中国マダムは自由と行動に責任を持ち、将来の展望を図っている。(お上のお達しには逆らわないが、政治に期待を持つなんて気は更々無い。信じるのは只、己のみ・・・) 

200余名の工員と数軒の外注委託業者に今日もハッパをかけている事だろう。

来月、わたしは彼女に会いに行く。最終チェックの為に***

再見

| | コメント (0)

2007年7月27日 (金)

お化けスイカ***

Photo_84 重さ11.4㌔、ぐるりを量ったら93㎝、よくぞ成長したもんだわ。友人夫妻が届けてくれた超特大スイカ、何処から包丁を入れたら良いのか???

包丁を手にする、一回・二回・三回・・・う~ん・・・未だ届かないよ!半分に切った積りが切り口ギザギザ。。。

鮮やかな赤い果肉とツブツブ真っ黒い種 が見事なコントラストです。

JAPAN西瓜に赤いインクは入ってません!糖度14、甘くジューシーに作るネタは、はてはてな???消費者には、ヒ・ミ・ツ・・・のあっこちゃんよ***

再見

| | コメント (0)

2007年7月26日 (木)

ブログ記念日***

20061029103821_1 2005年7月24日ブログ開始記念日(丸2年)明日から3年目に突入>>> 

世界一平均寿命が長い日本、男性78.5才・女性85才・・・

私の残り人生は暑い夏18回、爽やかな秋空18回、北風ビュンビュン18回、桜咲く春18回、瞬きしてる間もなく終わるのか*****

人生僅か50年、下天の内を比ぶれば、夢幻の如くなり・・・信長の名言から約450年後の現代人は社会資本を食いつぶし、豊かな食事・快適な家・充分な医療の恩恵に授かり長生きするようになったが、3人に1人は成人病で亡くなると云うではないか!

かく云う私も、内科・眼科・歯科・耳鼻科・脳外科・整体院・整形外科・ヒフ科・医療センター(救急病院)・・・診察券持ってるなぁ。。。これらの診察券は常時日替わりで使っている、寝込む程の病気はしないけれど、あっちこっちガタガタ壊れてるなあ・・・

病は気からと云われるとおり、仕事に埋没すると忘れる。 やっぱり生涯現役が健康の基ってことですわ!

3年目に入りblogの内容も益々佳境に入って行きそうな気配。。。

8月1日から「地獄の三大釜」南京の工場に出掛けるが、その暑さは半端じゃない! 道端の西瓜売りがポカポカ湯気の出そうな暖かい西瓜を売っている。

Dscn

ずら~と西瓜&スイカ&西瓜・・・暑さもなんのその、何処の国も小母ちゃんは逞しい***

再見

| | コメント (0)

2007年7月19日 (木)

蒲焼大好き***

20070707191207 連れ合いの鰻好きにはあきれる。 毎週どころか毎日食べたいと言うではないか!

ところがどっこい、秀(しゅう)の蒲焼は週休5日制、営業は2日間のみ。。。

午前11時~午後6時まで、夏の6時は未だ太陽がカンカンである。

しかも閉店時間前に売り切れてしまうので早めに予約しておかないと買いそびれてしまう。

何故2日間だけの営業かと云えば、若い店主は人工透析を1日おきにしている。 病院と店と掛け持ちで結構忙しい、不治の病と闘い乍ら生き方は前向きである。

週休5日制は効率が良い、蒲焼白焼き、まとめて買う客が多い。 

「なんせ、二日しか開いとらんだにぃ~~来週来るまでの分も買っとかんとね!」  二人暮らしだと言う客は特大蒲焼&白焼きを纏めて10本購入。。。お大尽さまだわ!

買い物など終ぞしない連れ合いだが、鰻屋だけは勇んで出掛ける、しかも特大蒲焼3本・肝焼き・骨せんべい・・・買いすぎだよ!まったくぅ・・・ん。。。

裂きたて鰻を炭火にのせる、長いウナギがオレンジ色の炎を受けてギュッと縮み、ほっくり肉が盛り上がる。 濃厚な匂いが鼻孔をくすぐり思わず胃が騒ぐ!

うな重・うなむすび・うな弁など等、昼時は満員。。。要予約でないと多分買えない!

最近、お客の要望に応えて営業日が増えたので(店主は強力な助っ人をゲットした。)木・金・土・日・まとめ買いから解放、ヤッホーホホホ。。。20070720170355_1 20070720170526

ちなみに本業は全国各地に活き鰻を発送している老舗の夏目商店(超美人社長)である。   次の日曜日は蒲焼にしよっと*****

再見

| | コメント (0)

2007年7月15日 (日)

友人はクリスチャン***

                    Photo_81

浜名教会のイルミネーション。

若き友人は敬謙なクリスチャン、都会から来た彼女に村の人々は 「○○○さんちに耶蘇の嫁さんが来たげな・・・」  日常に変化の無い田舎で忽ちスポットライトを浴びてしまった。

嫁いだ家は先祖代々仏教徒、 彼女の明るく和やかな性格は忽ち周囲の人々を虜にしてしまい、まるで生まれた時から其処に居たような馴染み方である。

三人の子どもを育て、舅姑に可愛がられ、ハンサムで心優しい夫は働き者、近所の子どもたちにピアノを教え、時々アルバイトもする。

ガールスカウトの指導者として優れた手腕を発揮し、その合間にはキリスト教会で婦人部会の役職をこなしているスーパーウーマンである。

いつ逢っても眼鏡の奥の優しい目が笑っている彼女は私の大切な友人である。

クリスマスの行事が近づくと私は彼女に数々のイベント用グッズを提供し彼女は各地の教会へ発送する。

その日のためにボチボチ用意を始める季節が来た***

再見

 

| | コメント (0)

2007年7月12日 (木)

無農薬野菜***

20070625121935 今朝採れたての野菜。。

「これは自家用だから農薬は使ってないのでそのまま食べてもOKだよ。。。」

知人から届けられる季節の野菜は完全無農薬、特にトマトの味は抜群!そのままガブッとまる齧りすると、昔懐かしい太陽の匂いがいっぱい詰まっていて、ジューシーな甘い香りが鼻からッツツ~~っと抜けて何とも味わい深い。

茄子も胡瓜もクネクネ曲がっているがどれもこれも甘くて美味しい。

一昨年野菜が異常に高騰した時期、収穫間近の畑のキャベツが一夜で無くなって仰天したそうだ。

丹精込めて育てた作物をごっそり失敬する輩も許せないが、実は前日、たっぷり農薬を撒いたばかりなので盗んだ野菜は当然売りさばかれるであろうから、キャベツを買った消費者の身の安全を心配したのである。

日本ですら基準内とは言え農薬はタップリ使用している。 中国農民の農薬使用は以前から基準など考えず、取り扱いも随分ぞんざいな怖いもの知らずなところがある。

火車の窓から眺める田園風景は一見長閑に見えるが農薬散布の服装は実にラフで危険を感じる。

本人たちも無防備なのは怖さを理解していないのでは。。。

上海の裏通りに並ぶ民家の庭先にはバケツやボウルに野菜を入れて終日チョロチョロ水を流しっぱなしにしているが、どうやら野菜に付いている農薬を洗い流しているらしい。

食べる楽しみのために生きている中国人でさえ、自国の農薬野菜に不審を抱き、お金持ちは日本から輸入される高い野菜や果物を食卓に並べているではないか!

しかし、日本製品が完璧かと問われるまでもなく、答えはNO!!!である。

MAID IN  JAPAN は もっと巧妙に消費者を騙している。  つづく*****

再見

| | コメント (0)

2007年7月 3日 (火)

インドの虎も!!!タイガース応援団***

阪神電車に乗って驚いた! 満員の乗客全員、帽子&法被&パンツ&シューズ&水筒&バッグ&メガホンなどなど。。。黄色と黒のしましま柄、車内中に賑やかな大阪弁が飛び交う。  うおおぉ~~これが噂の阪神タイガース応援団か!

この車内にジャイアンツフアンが入れる勇気あるやろか???フフフッ・・・

Photo_79 ほんまもんのインドタイガーもビビッちゃぅ~ん。。。。。

さてさて、今年の成績はどないなっとるんかな???

タイガースフアンは勝っても負けても熱いエールを送っとるなあ****

甲子園に着いたらどど~っと降りてもうた、やれやれ賑やかなこっちゃ。

六甲おろしに~♪♪♪ フレーフレータイガース<<<てなもんでっせ***

再見

      

| | コメント (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »