« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月24日 (日)

可笑しなお菓子***

朝から甘い香りが部屋じゅう漂う~~~。。。

レーズン・バナナ・チーズ・胡桃・卵・溶かしバター・牛乳・を粉に混ぜ、型に流してオーブンに入れる、180℃約30分、放って置けば美味しいケーキが出来上がる、簡単簡単、こうして私の身体には、又もや贅沢なお肉がまとい付く。。。あまり見栄えの良くない手作りのケーキだが口に含むと、表面はカリッ、中はジューシー、飽きずに胃の腑に収まる。

         Photo_76  夏が来ると必ず作りたくなる ”ワラビ餅・あんみつ・葛きり・水羊羹”などの材料が引き出しの中で出番を待っている!

カルメ焼き・ドーナッツ・キャラメル・ビスケット・煎餅作りも面白い! 

有名な老舗の和菓子も1つ食せば充分、二つ目を口にする気は更々ないが、手製の菓子は何で幾つも食べられるのか?

祖母が拵えた愛情満杯の特大牡丹餅(大豆を炒り、石臼で豆を挽く、淡い黄色の粉に変身して石と石の間から出てくる出て来る黄な粉さん。)小豆を炊くのも一仕事!

♪おはぎがお嫁に行く時は♪ 

    ♪餡子と黄な粉でお化粧して♪

  ♪まあるいお盆に乗せられて♪♪♪  

四角い重箱にぎっしり詰めて向こう三軒両隣にお裾分けする気前の良い祖母、大家族+おすそ分け、作る数は100以上、豪傑&豪快なり!!!

 柏餅・雛饅頭・豆菓子・飴・お焼き・エトセトラ・・・お菓子作りの原点かも。。。

上等物を滅多に買えないサンタのおばさんの負け惜しみかもね。。。自家製バンザ~イ*****

再見

                           

                

| | コメント (0)

2007年6月23日 (土)

エステの女王***

Photo_70 つつじヶ丘にあるコスメショップ・ビューオチ、駐車場も広く、客足が絶えないのは爽やかな笑顔で接客上手な彼女のさりげない助言が功を奏している。

私は未だ試した事がないけれど、約1時間¥1.050-のエステが大評判と聞いている。

彼女の、しなやかな魔法の手で三河美人が次から次へ誕生していく。。。

最高齢のお客さんは84才で夫が送り迎えをしているんだって! 微笑ましいわねぇ・・・

        Photo_72

ピンクのシャッターに描いてあるこの文字を目当てに、美肌美人が次々来店する。。。

美肌エステの女王は、今日も明日もにこやかに客を迎える。 

コスメの価格ほど不可解な物はない! 書籍で叩かれているが他の商品でも同じことが言える、何もコスメに限らない。

車など最たる標的、 少しの鉄板を(最近は薄い)最新のロボットが次から次へと車の型に組み立てる。 1台数分で出来上がるのに消費者の手に渡る時は数百万円、原価など数万円ではないか!

製薬会社の研究員から聴いたクスリの原価も驚き桃の木だが、長い年月をかけて商品化された努力の結晶代と思えば効き目もあろう。。。

呉服も同じである。 職人が数ヶ月かけて仕上げた振袖も客が受け取る際には10倍以上の価格である。

ジュエリーも同様で、100万円のダイヤも原価を知ったら驚きのあまり卒倒するだろうね!

物の値段が高くなるのは、それなりの訳がある。ひとつの商品が出来上がるまでに相当数の人手が懸かっている。多くの人々は生き抜く糧を一個の商品で分け合っているのだ。。。

世の中の仕組みはこんなもんですよ。夢を 買いたい人は買う! 買えない人は買わない、 いいんじゃない!

それにしても高級コスメを扱っている、ビューオチのエステの値段は超お値打ち、賑わうのも最もである。

私も予約しよっかな、、、しばし待て、あまりにも素材が悪すぎるので効果の程がねぇ???女王さまにお断りされるかも、トホホ*****

再見

|

2007年6月17日 (日)

パワフルなセールスマン***

コラーゲンたっぷりの野菜スープが食べた~いっっ。。。 小田原町の鳥市(精肉卸専門店)へ行き、 「鶏ガラ6本くださいな。」 

「ごめんね! 土・日はラーメン屋の注文が多くてね、売り切れなのよ、ホントにごめん。20070616140333_1」  ひょいと目の前に張ってあるポスター発見!

「へっっ、、、何で此処に宮崎ぃ???」

鳥市さんは周辺の市町村にある高級レストラン・中華料理店・HOTEL・大手企業社員食堂・学校給食・等に大量の肉を納めている老舗の精肉専門店である、当然宮崎地鶏も扱っている。

「宮崎の知り合いに頼まれてね、これもそれも置いているのよ! 」

20070616155039_1 ミーハーなサンタのおばさんは買いましたよ! 黒豚カレー・中辛たっぷり一人前、476円 一寸高いなぁ。。。

店主の知人が宮崎へ観光に行き、お土産を買おうと店に入ったがマンゴーも、地鶏も、まんじゅうも、何処の店も売り切れご免の大繁盛で買えなかったと不満のまま帰宅した。  翌日 鳥市の店内に、ミニ宮崎物産が並んでいるのを目にして 「あ~らら、あらら~ 嬉しい!!!これ全部頂戴!」 喜色満面でお土産用に買い占めていったそうな。。。

”宮崎をどげんかせんといかん!” こんな片田舎の町にもセールスしとったんか!頑張るねえ、東国原知事は。。。

豊橋市は温暖な地域で衣食住にも恵まれた暮らしやすい町(何の変化も起こらない、眠ったまま、変革を嫌う町)

市長も市議も、「豊橋をどげんかせんといかん!」 など露ほども思ってないんじゃないかい???

何はともあれ、ミーハーおばさんは今日の昼ごはんに黒豚カレーを試食、宮崎の香りを楽しむわ!***

再見

           

| | コメント (0)

2007年6月16日 (土)

昭和レトロ***

                      Photo_59

捜し物をしていたら懐かしい白黒写真が出てきた。

モールで出来た愛らしいワンちゃん、30cm位の大きさで私はこれらを1分足らずで作製出来る。

昭和30年代にアメリカへ輸出した製品である、大小さまざまな動物・人形・造花・等々その数量たるや半端ではない何万グロス(12ダース)を、昼夜を問わず生産しても間に合わない有様であった。

頑健な体力と若さをフル回転させ、3~4日徹夜作業が続いても平気で翌朝そのまま映画館へ直行、50円・3本立てのチャンバラ映画(東映時代劇)を仲間と一緒に夕方まで観ていたっけ。。。翌日は普段どおりに作業に取りかかる、流石に周囲の景色が黄色く見えた!

8時間働いて日給100円の時代である。それでも市役所やデパートで働いている友人の収入より良かったと記憶している。 

生産が遅れて船積みに支障を来たす事が再々あったが、当時FAXも無い・PCも無い、遥か彼方のアメリカ人BUYERが頭から湯気を出して怒りまくっていても、そんな時の云い訳が 「倉庫が火事で。。。」 とか 「大洪水で製品が流されてしまった。。。」

 (数年前、中国国営工場が納期に間に合わない口実に、長江の大洪水が掲載されている新聞をFAXして来た事があった。 地理に詳しいオタヌキは即座に嘘を見抜いたのは自らの経験からか!!! 人間の考えることは、何処も同じである。)

挙句の果てには 「材料調達の資金不足で。。。」 呆れるような言を発し、BUYERを煙に撒く!

しかし、アメリカ人は寛大(大雑把)であった! 「もう・・・目も口も有っても無くてもOKよ! 兎に角、数量だけは揃えて船に乗せて!!!」

いやはや滅茶苦茶である、可愛いマリーちゃんの顔は表に目がひとつ、裏側にポンッともう一つ、これではお化けではないか! 5種類の動物・アソート ワンセット入りの箱の中身は一種類のみ。。。なんて事も当たり前田のランチクラッカー(前田製菓さんゴメン、語呂合わせが好いのでツイ冗談に使ってしまう)

こんな会社で修行した私は現在中国から輸入しているが、今更ながら当時のアメリカ人BUYERの苦労が身に沁みるわ!

今や世界一の輸出国、 CHINAの製品も品質向上は目覚しい、 如何せん日本の発注は多品種・小量、その上厳しく細かい指示に、何事も、没問題(メイウエンティ)の一言で済ませる中国人は些かウンザリ気味!

夏の間はアメリカ・ヨーロッパ向けの輸出でてんてこ舞いの忙しさ、そんな最中に少量・多品種・文句いっぱいの我々がノコノコ出掛けて行っても鼻も引っかけないのが当然であろう。

しかし、オタヌキとサンタのおばさんは全くめげない。

昭和30年代の遥か昔とった杵柄で対応する。 急激な発展は物まねから始まる。

未だ、自身でデザインを考案することをしない(出来ない)中国企業家たちは 「見本をください。」 と云う。。。

現在世界を凌駕している ”Made In China” は欧州&アメリカ&日本などなどから掻き集めたデザインをそっくりそのまま製造販売しているにすぎない。

偉そうに云うが、”Made In Japan” も、かっては、安かろう、悪かろうの製品ばかりで悪名を馳せたものだ。 只、器用な腕と優秀な頭脳を持つ日本人は単なる物まねから脱却して、今や世界の一流ブランド品を作る国になった。

コピー商品を作ることにかけては、中国は世界一!  何時までも、この状況が続くとは思えない。 1億2千万人の日本を束ねる安部総理など、14億の民を陣頭指揮する温家宝首相から観れば、村長のようなものであろう。。

14億人も居れば、1億の超優秀な人材が居ても不思議ではない。 数年後は中国一流ブランドが世界を牛耳るかもね。。。。。  

しかし、 現状はコピー製品乱発で諸外国に非難されながら、可笑しなことに世界中が ”Made In China” を買い求めている。 実に???ですなあ~~~

サンタのおばさんが中国のメーカーで歓迎されるのは、独自のデザインや作り方を私から伝授して貰いたいからであり、単に現地にある品を買い求めるだけの商社とは一寸違う。! 

彼らは新しい技術の習得に情熱を持っていて教える事を吸い取り紙のように吸収する。

かくして中国企業のカタログ掲載品は隠れ         ”Product of Ikuko” となるのでありまする***

再見

| | コメント (0)

2007年6月13日 (水)

猫・ねこ・ネコ・ニャンコ・ワンコ***

 愛知県境のトンネルを抜けると静岡県に入る。両県には小さい公園があり、心無い輩が動物を置き去りにする。特に静岡県側に多く捨てられている! 夜店で買った可愛いひよこが、瞬く間に鶏冠の立派な雄鶏に成長してコケッコッコー<<<。。。捨てられたらしい。 虫や葉っぱを啄ばみながら3年程自力で生存していたが捕獲されて焼き鳥になったか?野犬に襲われたのか姿を消した。

コロコロと愛らしい子犬3匹がくねくね峠道に捨てられている。 車を停める場所も無いので助けようもない!山に入っても食べ物はない、運よく生き延びても人間不信のまま野生化して獣に変身してしまう。

猫は木登りも出来るし、虫や小鳥・小動物を餌に逞しく生き抜くことも可能であるが、何れにしろ人間の身勝手さには腹が立つ!

 我が子さえゴミのように捨て去る者も居る世の中だ!年老いた親も老人ホームや病院に放り込む! 例えは悪いが実際に見聞きした事である。 子どもに部屋が欲しいとせがまれた親が 「じゃぁ、おばあちゃんを入院させよう・・」 

かくて病院は入院患者?でいっぱいになり、ホントの病人は入院出来ない時期があった! 現在の保険制度は2ヶ月経つと何が何でも退院または転院を迫られる。

やはり、健康第一・命第二かな、 命だけあっても、よれよれでは生きてる意味もない! 

島倉千代子の歌が身に沁みるねぇ、人生いろいろ。。。

        20061208125131_3 無口なんです!鳴き声を聴いたことが無い。公園で7匹拾った中の1匹、お隣さんもネコ好きなので行ったり来たり、棲みかが2箇所ある。食べる事が趣味のパクちゃん***

         Dscn_10 ハゲ金!テリトリーが広く、名前が幾つもある。 看板やの奥さんに 「あ~ら、チャ子ちゃん 死んだと思ったら此処にいたのね。。。心配しとったんよ!」 ハゲ金は、♂になったり♀になったり、それもこれも生き抜く智恵だすにゃん!この町内で生き抜くには、毒団子や虎バサミに用心せなあかんねん。。ったく、動物愛護精神の無い人間が多くて野良さま受難だすニャん! まっ、捨てる神有れば拾う神もあるので何とか糊口を凌いでいるんだニャ・・おいらは蹴飛ばされても傷ついても不死鳥の如く甦るんだニャニャニャ***見よ、この雄姿***

        090307__3 正真正銘、良いとこの坊ちゃん猫ざんす(雑種っちゅうとこがええニャ~~)。お家の外ニャ~出ないざんす。  最近、南麻布の新居に引っ越したばかり、ネコにも格差社会があるんだニャ。。。ミネラルウォーター にメシマコブを淹れて飲んでるざんすニャ***

         Photo_50 Photo_53

都会の野良だった寿が仲間入りした途端、病気をうつされて入院する破目になった大ちゃん!  う~ん、寿の疫病神め、ふうふう。。

寿は、安住の地を得てホットしたぁ。。。ボクちゃん、しあわせ***

20070405150404_2 マメダの腹上で日向ぼっこのソッパちゃん(牙が斜めに生えている)公園捨て猫7匹の仲間、誰にでもペタペタ引っ付く寂しがりや、マメダがおかあちゃん ***

      

  Photo_56

2年経つのに全く懐かないミケ子。。。捨てられた挙句、あっちこっちで石を投げられ、足蹴にされ、散々な目に会い、人間不信、ソッパちゃんが天敵、きつい眼差しが優しくなるのは何時の日か***

          Photo_58

Dscn2_6 肩から足の付け根まで切り裂き傷があり肉がはみ出していた。土砂降りの雨の中、傘も差さずに抱きかかえて帰り、ドクダミ治療開始! 程なく快癒、一年後御嶽山に修行に行ったきり戻らない、大きくなっただろうな獅子丸くん***

 あっ・・・また大事なカバンの上に座ってる。。。     上等もんが好き!院主さんの使うふかふか金襴の座布団にチャッカリ座り、おっさんはウロウロするばかり。。。7年前何処からともなくやって来て、そのまま 我が家の一員になったミミ輔***               Photo_57              20070324191017_3                   20070605210532_1 

公園に置いてきぼり、ちっちゃくて 可愛かったゴンコちゃんはぐんぐん大きくなり、見た目が♂?♀?不明。厳つい体躯に似合わず気が小さい。  ネコが苦手、傍を通っても見て見ぬふり...生まれた日にちは不明? うちに来てから13年目、雷とネコパンチが何より怖い*** 

♪おけらだって  ミミズだって    あめんぼだって

   みんな  みんな生きているんだ

        友だちなんだ♪♪♪

 最近蛙の歌聴かないなぁ!!!冬眠中にカラスに食べられちゃうんだよ***

再見      

                                                                          

| | コメント (0)

2007年6月 9日 (土)

灯りをつけましょ***

Photo_44 季節の先取りで物づくりするのは何処の業界も同じである。

ホヤホヤの新作! 何処が違うって・・・それは???ヒ・ミ・ツ???

高価で豪華な商品は簡単に出来るのよ、安価で可愛く消費者に買う気を起こさせるってことが肝心要!

夢の中にもどんどん出てくるアイデアを目覚めと共に商品化する楽しい日々、私の天職。。。

2070471721_2 好きで始めた仕事なので40数年経っても厭きる事がないのは幸せである。

顔を作る・髭をつける・目を描く・紅を差す・

わたしの可愛いサンタさんが出来上がる。

サンタのおばさんは毎日、毎日忙しい、、、周りの人の云う事にゃ、さの云う事にゃ。。。ホイホイ♪♪

「いいわねぇ、一年に一ヶ月だけ仕事して残りの時間は芝居見物、お買い物、海外旅行、お食事は豪華なレストラン、映画観て、温泉入って、別荘でゆったりのんびり暮らせて羨ましいわ。。。」

何を云うとるか! 現実は厳しい! 隣の芝生は青く見えるのよ! 

まっ、言いたいことはそれだけ! 勝手に言ってちょ!!気にしない、気にしない!  

今朝のニュースは専ら社会保険庁のミス&コムスンの不正、はにかみ王子&ハンカチ王子の話題、何処のチャンネルも同じである。 国政どころかTV局まで国民をコントロールしている! 人民が怒らないのは神代の昔からなのか社会主義国でもないのに不思議な国民性である。。

サミットも閉幕したが環境問題は玉虫色のままで来年、我が日本国が議場だ。阿部内閣は???

今朝6時30分、ローマ在住の娘がSkypeで 「ブッシュは日曜日までイタリアに居る」 コメントしてきた。

アメリカは経済優先、環境問題には後ろ向き! 今期で引退する大統領の後任は果たして何方か気になるねぇ。

目線を元に戻して現実を見れば、サンタのおばさんは土曜も日曜も有ってない。

宗教に寛大?な日本はイベント好きで、私はハロウイン&クリスマス&節分の赤鬼・青鬼&雛祭りの雛人形を一気に作成し、お客さまに納品しなければならないのよ。。。

        Photo_47

気持ちばかりがアタフタと気忙しい。 世間の方々に、サンタのおばさんは今日も優雅に遊んでるって思われてるのよ。  ”老人クラブにいらっしゃい”だって・・・・・

冗談じゃない!!!

今月中に中国までぶっ飛んで行かないと間に合わないのよん! 今日も一日セカセカセカセカ*****

再見

| | コメント (0)

2007年6月 8日 (金)

むかしむかしのお嬢さん***

五月生まれの母は今年”卒寿”を迎えた。 お喋りで陽気な性格、未だに関西弁を駆使して、むかしばなしを聞かせてくれる。

 うんうんと頷いて同じ話を毎回聞く私、文字の無い時代にはこの方法で子々孫々語り継がれて現在があるんだなあ・・・お喋りする相手が現れると母の頭脳はどんどん活発に甦る。。。

 車椅子で1人暮らしは多分にきついと思うのだが気丈な母は 「毎日ヘルパーさんが来てくれるし、出来る事は自分でやらんとね! まだボケ老人にゃ~なりたくないわよ。。。」 さらっと云って私を仰け反らせる。

身体は不自由だが頭の回転は速い、数字に強く、パパッと計算するのも敬服だわ。。。日替わりで訪れる ヘルパーさんを今日も威勢よく仕切っている。。。

顔に皺が無いのも自慢の種、いつまでも女を忘れないところがGOODである!

「毎日、仏壇に手を合わせて 早く迎えに来てよ、おとうちゃん・・・・・ って 云うてるのに知らん顔やわ」。。。と 私に云うが、すかさず返す言葉は いつも同じ、

ダメダメ・・・あっちで楽しくやってるのに、口うるさいお母ちゃんが行ったら、またこっちに(この世)に逃げてくるわ、それに閻魔さんかて、そんなに仰山のひと受け入れないわよ、 只今満室につきお断り・・・だって!!!

大阪で生まれた女やさかい根性半端じゃないねんて。。。長生きの秘訣は自由気ままに暮らすっちゅうこっちゃ。。。これからもよろしゅうたのんまっせ、おかあちゃん*****

Dscn3_4

とても90才には見えない、頭のてっぺんから足の爪先までお洒落な義母は鮮やかなグリーンカラーが大好きだが、ツツジの花に映えるベージュでバッチリ極めてるのは流石・・・蒲郡プリンスホテルの庭でハイポーズ!

再見

| | コメント (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »