« 中国・火車の旅*** | トップページ | ?那里人??? »

2006年6月10日 (土)

新幹線から飛び降り自殺///

草木も眠る丑三つ時 (う~ん、、ちょっと表現が古いかなぁ。。。) 2メートル近く伸びたススキが風も無いのにさわさわ不気味に揺れる!

 周囲を照らす灯りは無い! 懐中電灯は持っているがスイッチを入れると嫌でも目に死体が飛び込んでくる!       

事件の内容は以下である。 浜松駅を出発して間もなく次の停車駅新豊橋、列車は二川のカーブを曲がる段階で徐々にスピードを落として行く!

その瞬間、異常を報せる装置が作動した!  すわ何事!!!と思う間もなく新豊橋駅に到着! (急停車しても駅に着く距離だった)

非常扉が開いているではないか、嫌な予感が満々・・・・・△×△×××・・

車内に異常がないか点検する。 次に異常を感じた場所の線路内の点検!   最終列車だったので乗客に多大な迷惑が掛からなかったのは幸いだが屋外捜査は鉄道保安員の仕事、区間を決めて、二人一組で深夜の線路周辺を見回る。

扉が開いていたのは飛び降り自殺だと経験で判る保安員達は武者震いする。  見落とさないよう一寸刻みで歩を進めるが草木に覆われた暗闇を懐中電灯一本で探すのは容易なことではない!  二川あたりから豊橋駅方向にそろりそろりと歩を進める。

ゆらゆら揺れる草木と自分の靴音が不気味に響き思わず身体が硬くなる!

一定区間を往復すること3時間余り、 「あわわゎっ、、、ほとけさんだっ・・・見つけたぁ。。。」 それは無残に変形した死体であった!

電柱にぶち当たり頭を強打したまま防御壁に約20~30メートル血の線を描いている。  靴下は脱げ靴も無し、激突した際、水分と血液が殆ど抜け落ちて小さくなった死体がころりと転がり落ちている。

携帯電話がない時代だったので一人が現場に残り、一人が幹線内にある電話の場所まで走る・走る・ この時、死体と一緒に現場に残る保安員は仕事とは言え膝がガクガク震えて相方を待つ僅かな時間も気が遠くなるほど長く感じるそうだ。

「なんまんだぶ、なんまんだぶ・・・ブルブルぶるぶるるるる・・・」小便ちびりそう!!! 懐中電灯の灯りを点けても怖い!消しても怖い!

朝明けやらぬ頃、 我が家から50メートル先にある東海道線東踏み切り脇に突如白いテントが張られた。 (解剖が始まる)

バタバタと人の出入りが激しくなり警察、野次馬人だかり、狭い道路は通勤通学時間と重なってパニック状態!!!

この騒ぎを連れ合いと私は暫くの間気付かなかった。  新幹線土手の真下にある我が家の庭に見慣れぬ黒い革靴が片方落ちていたのが事件を知ることの始まりであった。

防御壁が出来て数日後のことであり、もし壁が出来る前なら靴だけでは済まない。 当時はJRと云う名称ではなく、国営企業国鉄であった! 親方日の丸経営でどこか間が抜けていて防御壁の下部が20センチ以上開いていたので小動物など出入り自由って感じ! 

子ねずみが新幹線に衝突しても車体は凸凹へこむらしい!

靴が飛び込んで来るくらいだから死体の部分も当然散らばって落ちるはずだと連れ合いの大阪狸は云う!

即、鉄道保安員数十名がバケツと割り箸(長いもの)を持って1列縦隊で一寸刻みに捜索活動開始<<<<<

庭の草木の間、屋根の上、畑部分と隈なく捜索する。  どうやら遺体は電柱にぶつかったのと駅停車準備、カーブ等でスピードが落ちていたのでバラバラにはならなかったようであるが東海道線豊橋東踏み切りから隣家の壁裏まで約40メートル、乾いて焦げ茶に変色した血痕がこびり付いて不気味だと保安員の言。。。

人間の体は90%以上水分で出来ているので飛び降り自殺でバラバラになった場合、全部拾い集めてもバケツ一杯に満たないそうだ!

着衣の一部分でも全部見つかるまで探す! 最終駅大阪で車両の下に巻きついている靴下発見! 鉄道保安員の仕事は大変だわ!

豊橋寄り浜松から大阪まで髪の毛の一本まで探さなければ仕事は終わらない。

人一倍縁起担ぎの連れ合いの厳しい叱咤激励を受けて保安員は汗だくである!

翌日警官がやって来た。。。。。続く。。。。。

|

« 中国・火車の旅*** | トップページ | ?那里人??? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中国・火車の旅*** | トップページ | ?那里人??? »