« わくわく&過激&火車の旅! | トップページ | 中国・火車の旅*** »

2006年5月31日 (水)

海の女王・クイーンエリザベス2に乗る!

横浜開港130年記念事業の際、港にクイーンエリザベスが停泊した折、叔母に誘われて停泊中のQE2に一泊した。20年以上前のことである。なんと一晩の宿泊費が27万円だった!スイートルームは47万円と記憶している。

 "QE2は、総トン数67.140トン、全長294m、幅32m船底からマストの上まで62m長さは東京ドームの対角(201m)より長く、高さは10階ず建のビルに相当する巨大な空間を有しています。

デッキ(甲板)は15(乗客が行けるのは13)あり、エレベーターは乗客用が7ヶ所、全部で22基が使用されています。 船内にはキャビン(船室)が948室あり、全室冷暖房完備、最大収容乗客は1.770名、7つのバー、ナイトクラブ、劇場、ディスコ、室内・室外に4つのプール、

その他ジム、ヘルスクラブ、スポーツセンター、銀行、美容室、花屋、写真屋、クリーニング屋、病院、図書室、印刷所、教会と殆どひとつの街として機能する設備がそろっている。

この浮かぶ街にはちゃんと発電所や水道局もあり巨大な発電機からフル回転させるとQE2母港サザンプトンの町全体に供給できるほどの電力が生まれ、客室では60ヘルツ、110ボルト~1115ボルトと240ボルトの2通りの電気が使え、さらに1日1.200トンの製造能力のある海水淡水化装置が積み込まれていて、3.000人の人間がバスやシャワーで、それこそ湯水のごとく真水が使えるのです。

QE2はコンピューターを最初に採用した客船でもあります。コンピューターが風速、波力を瞬時に計算し速度を決定、自動航法装置が最短距離のコースを選んで船を一路目的地まで運んでくれます。

航海中の船の位置は衛星からの電波を使って確認し、その誤差は僅か30メートル以内という正確さです。

データーの記録、警報機器のコントロール、水、食料の使用予想などもコンピューターが行います。 また、4基の横揺れ防止装置が設置されていて、船の横揺れを通常3度以内にコントロールしています。(以上冊子から)

クイーンエリザベス2(QE2)の名は、1967年9月20日、進水式の際に、イギリス女王エリザベス2世によって命名された、今から39年前のことであります。

今朝の新聞広告にQE2クルーズの宣伝が掲載されていたが、12日間のクルーズで748.000円随分安くなったものだ!とは云えども一日63.000円余、やはり船の旅は時間とお金が充分ある人でないと出来ない。

叔母と私が乗船した時も、やはり仕事をリタイアした優雅な暮らし振りの老夫婦が多かった。 

夕食事に着用するフォーマルルウエア、男性の場合はタキシードまたはダークスーツ、女性はカクテルドレスまたはイブニングドレス、(和服も正装のひとつ) 私もシルクのドレス持参したわよ。。。一回着用しただけで未だにタンスの肥やしだわ!

しかし、イギリスの食事は美味しくない! の一言に尽きる。もしも世界一周の期間中こんな食事じゃ参っちゃうわ。。。(食べ物の好き嫌いが無い私の感想です)。 但し、航海中なら港・港で下船して各国の美味しい料理を味わう楽しみ方がある。

アフタヌーンティーも紅茶は兎も角、軽いスナック類もお菓子天国の日本と違い質素である。。。(これが普通かも・・・)

航海中飽きないように様々な工夫が施されていてダイナミックなショーも見応え充分、カジノの賑わいも大層なもので1770名全ての乗客が何らかの楽しみを充分満喫出来、気分はすっかり女王様***

船旅は少々無理をしてでも1等に限る、船の等級差別はひどいもので1等と3等といったら天国と地獄の差がある。

映画・タイタニックを観た人ならお解かりだろう!   QE2はそんな差別は無くパブリックなスペースでは1等、2等、3等という分け方はしていなかった。

現在は船旅というのは倹約のためではなく贅沢の為にあるからモノクラスで全部高級だと思います。  

叔母上に誘われて一泊二日女王様気分に浸れただけで充分幸せな経験でした。 あの時ご一緒したテーブルメイトのみなさんは未だ元気かしら?

世界一周旅行ともなれば、かなりリッチな人か相当船が好きな人でないと不可能に近い、 まあ宝くじでも当たらない限り夢のまた夢ってとこかな!!!

|

« わくわく&過激&火車の旅! | トップページ | 中国・火車の旅*** »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« わくわく&過激&火車の旅! | トップページ | 中国・火車の旅*** »