« ・・・兵隊さんのアルバイト・・・ | トップページ | 三毛猫ホームレス;;; »

2005年11月 9日 (水)

携帯電話とミニバスと掏り***

もしもし・・・日本。  ヨボセヨ・・・韓国。  ウェイ・・・中国。 電話の第一声である。  

日本は公衆での携帯電話は禁物(無視する人もあり)ですが、中国は車内・社内・レストラン・病院内・歩行中・運転中・何処もかしこも、 「ウェイ!」 OKである。 すごいスピードで携帯電話が普及しています。日本の携帯と違うのは、受信した側にも電話料金がかかること。 携帯電話は一台四百元位から売っています。

一円玉企業のわが社社長は中国製ノキア(一番安物)を使用しているが中国滞在中、JAPANから頻繁にかかる電話にプリペイドカードはあっという間に無くなる。 先日、商談中に電池までなくなったので、夜遅い時間に ミス・ナンシー (南京生まれ生粋の中国娘)とタクシーでちょっと離れた街にある携帯ショップまで行く事になった。  深夜に近い時間の所為か待てど暮らせどタクシーが通らない!  仕方が無いのでミニバスに乗ることにした。

ミニバスは停留所が無く、手を上げれば何処でも乗り降り出来る庶民の強い味方である。 市内何処まで乗っても二元で行ける・・・ところがタクシーに乗る予定だったので細かいお金を持たずに外出したナンシーと私、 十元札を運転手に渡した、当然つり銭はくれないよ! ありゃりゃのりゃ~。。。

バスに小銭はつきもの、 そこで如何するかといえば、客が乗車してくると同時にナンシー嬢は運転手より先に乗客から二元を分捕る。(大分手荒い)。。。三人から六元受け取るまで乗車口で頑張っている、流石 中国人! 

こんな時、日本人なら 「まっ、、いいかっ・・・たった八十四円の損だし~~」でチョンだろうねぇ。。。一元で餡子たっぷりの揚げ饅頭が買えるこの国で八十四円は大きいよ!( 日本にも壱円を笑う者は壱円に泣く )ってことわざが有るじゃん。  中国人の”何が何でも” の精神を見習うべき!!!

さて、ミニバスは市井の人々にはとても便利な乗り物ですが、走るスピードも半端じゃない。   ビュヮワーン>>>とロケット発射し、前方に客を見つけると急停車する、このときボンヤリ乗っていると後方に吹っ飛ぶ、柱か窓枠に掴まっていても百八十度身体が回転する。 運動神経がないとミニバスには乗れないことが解った。

田舎から出て来たばかりの人、観光客は地理不案内のため乗らないほうが無難。  歩行者もミニバスが通る時は傍を歩かない事。 何故なら車酔いで気分が悪くなった人が窓から顔を出して汚物を撒き散らすから頭から洗礼を受ける羽目になる。 私も一人ではよう乗りません!

バスに振り回されて二十分、携帯ショップに到着 これがまたド広い!私が住んでる町にある大型スーパーと同じ位の建物全体が携帯・携帯・携帯・である。 ショーケース一個に売り子の小姐が四~五人、彼女らは売り場でご飯を食べ売り場で着替える、勤務中は絶対売り場を離れない、 目を離した隙に商品が紛失した場合 弁償するのが当然、 給料袋には「罰金」の文字が鮮やかに書いてある。

売り場を一人で切り盛りするような店には簡易トイレも置いてある。 マートンによく似ていて勿論ふたつき。。。匂いません。

此処で買った電池が厭きれたことに一ヶ月しないうちに電池が消耗しちゃった。偽物って訳じゃないけれど寿命がなくなる寸前の品を買ったんだ!!!    

落語みたいなものね! 亀の子を欲しがる子どもに親が「直ぐ死んじゃうから止めときな」 店の親父「亀は万年生きまっせ」 説得されて買ったらあくる日死んじゃった。  文句を言いに行ったら、店の親父「 やあ~昨日が万年だったんやわぁ~」 日本国内なら取り替えてくれるが中国では買ったほうの責任、なにしろ銀行のATMから偽札が出てくるところだから・・・

香港人がシンセンで千元両替したら全部偽札!数分後、 慌てて店に戻って文句を言ったのにこれも確認しないで受け取った香港人の負けでした。 教訓その一、両替は必ず銀行の窓口で・・・鉄則であります。

香港からシンセンへ入るには外国同様パスポート提示が必要である。 シンセンから香港、 香港からシンセンへ働きに行く人々は毎日この面倒な事を我慢強くと言うか辛抱強くと云うべきか!!!中国返還後も相変わらずなんだよね!  春節や国慶節の時季には数十万人がごった返して通り抜けるのに二時間以上掛かる。 香港九龍駅から羅湖駅まで約二十五分、外国人でもシニアは半額で乗車出来る。 ファーストクラス席、以前はガラ空きだったが最近は金持ちが増えたので何時乗っても満席である。。。

日本人は朝の通勤電車から居眠りするが香港人も中国人も決してウトウト眠ったりしない、、、気がつけばカバンも指輪も時計も持ち主さん さようなら~~悲惨な目に遭う、、観察していると特に中年の香港おばさんは目玉をぎょろぎょろさせて周囲を威圧している。 

日本人は韓国人・中国人・殆どの人が見分けが付かないと仰るが、韓国人も中国人もひと目で日本人を見分けます。  最も解りやすいのは歩き方、座る文化が諸に出ているようです。 後ろから見たら一発だそうよ!  次に観光客の服装、帽子を被り眼鏡をかけ、腰には如何にも大事な物が入ってま~す!!と宣伝しているポシェット、足元はスニーカー、高価な(最近は中国人も必帯)カメラ、 仕事をリタイアしたシニアの団体さんは後姿が油断と隙がうようよしていて狙い撃ちに最適だって***

先ず掏りに狙われたら潔く諦めるしかないわよ!  彼らは四~五人でグループを組み、掏り取ったらバケツリレーの要領で脱兎の如く走り、疲れる前に次の走者に渡す、掏られた方は一人で五人分はとてもじゃないが追いかけられないポリスに言っても盗られらた方が馬鹿だと相手にされない。泣き寝入りしないように観光旅行に行く前に足元も鍛える事だわね!!!

掏り集団は日頃から足腰鍛えた屈強な人物ばかりで、もし北京オリンピックに出場したら金メダルものかも! 到底出場は許されないでしょうが・・・・・・・・・・・・・

窃盗集団は日本に出稼ぎに来ているから国内でも油断は禁物! 福建省を車で通ったとき、延々続く田畑の中に突如現れた五階建ての立派な家々、うっへぇ、、、なんだこりゃ、、、しかも村全体がぴかぴか御殿 ううう・・・金持ち村かぁ。

数日後、帰国してTVを観たら偶然と云おうか福建の豪邸集団が映っていた。聞けば村中で日本にやって来てピッキング泥棒で荒稼ぎして持ち帰った金銭で建てたんだってさ! プロの泥棒だから自分たちの家はしっかりピッキング対策がしてあるようだ。  あきれた話である。。。ところが家は立派でも夜の高速道路を走るとホント中国は闇夜だ。 

急激な発展で電力不足も甚だしい、大きな家に一箇所だけ二十ワットの裸電球がお腹の空いた夏の終わりの蛍の光みたいにポツリポツンと揺らめいている。

それにしても日本のコンビ二は明るすぎるな~。 瞳孔が開かなくなって暗闇を歩く事が出来なくなるわよ!  石油高騰な折り、 経営者諸君は考えるべきです。。。輸入大国日本国民の栄枯衰勢はどうなるんじゃらほい!!!

|

« ・・・兵隊さんのアルバイト・・・ | トップページ | 三毛猫ホームレス;;; »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ・・・兵隊さんのアルバイト・・・ | トップページ | 三毛猫ホームレス;;; »